保冷車とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            

保冷車の形状

保冷車
 冷凍車や冷蔵車は魅力的だが、費用がかかる。
「実際には荷室が熱くならなければそれでいいんだけど...」
そんなあなたには、おすすめしたいのが保冷車だ。
今回はそんな保冷車についてまとめてみたので、購入の参考にどうぞ。


              
                                                           

保冷車の用途と種類

青果物

保冷車の用途

 保冷車には冷凍機が付いていなく、外気温から荷物を守るために、荷室が断熱構造を持っているのだ。
なので、要冷凍あるいは、要冷蔵の荷物は積めない。
きっとあなたは、「氷も溶けてしまうようなトラックで、どんなものを運ぶのか」と疑問を持つだろう。
保冷車で運搬するものは主に、青果物や、精密機器、医療品、熱による変化を受けたくない芸術的な絵画などだ。
もしも真夏で、少しでも荷室の温度を下げておきたい場合は、ドライアイスなどの冷却材を用意しておけばいい。




ドライアイス

冷凍車・冷蔵車との違い

 保冷車と冷蔵車は何が違うのか、あるいは冷凍車とは何が違うのかといった質問を良く耳にする。
ここでは、それらの違いについて少し触れておこう。

【保冷車】
 先述の通り、冷凍機を持っておらず、代わりに断熱構造を持つトラックである。
日光からの影響を受けにくくするために、箱の色を白くし、パネルの間に断熱剤を挟む"サンドイッチ構造"になっている。
運搬する荷物は、精密機器や、医療品、青果物などが多い。

冷蔵車
 冷蔵車は、保冷車とは違い、冷蔵機を持っており、荷室温度が+5℃~-5℃ほどに設定できる。
また、中温車と呼ばれることもあり、新鮮な肉や魚を運搬するのに使用される。
設定温度はメーカーによってバラつきがあるので、購入の前には確認しておきたい。

冷凍車
 冷凍車は、その名の通り冷凍されたものを運ぶことがほとんどで、冷凍機によって荷室温度は-18℃~-30℃ほどに設定できる。
また、その温度の低さから、低温車と呼ばれることもある。
こちらも、メーカーによって設定温度に差があるので、事前に確認しておきたい。

保冷車の車種

保冷車

代表的な車種

 小型な保冷車はトラックメーカーが製造していることが多いので、いくつか紹介したいと思う。

【日産・バネット】
 バネットとは、日産が販売している小型トラックである。
保冷車の他にも、冷蔵車や冷凍車もラインナップされている。
日産・バネットの保冷車 公式サイト:
http://biz.nissan.co.jp/CARLINEUP/rfr.html

【マツダ・ボンゴ】
 ボンゴとは、マツダが販売している小型トラックである。
ボンゴの他に、タイタンもラインナップされているので合わせてチェックしてみるのも良いだろう。
マツダ・ボンゴの保冷車 公式サイト:
http://www.mazda.co.jp/carlineup/commercial/tesma/cool/

【ダイハツ・ハイゼット】
 ハイゼットとはダイハツが販売している軽トラックである。
何も大きなトラックがほしい人ばかりではないだろう。
あなたが農家なら朝採れたての新鮮な野菜を積むのに最適だ。
ダイハツ・ハイゼットの保冷車 公式サイト:
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/horei_frp_h/




保冷車

代表的な架装メーカー

【日本トレクス株式会社】
〒441-0193
愛知県豊川市伊奈町南山新田350
日本トレクス株式会社の保冷車のページ:
http://www.trex.co.jp/products/wingbody/

【株式会社大上自動車工業】
〒731-1514
広島県山県郡北広島町新氏神8-1
株式会社大上自動車工業の保冷車のページ:
http://ohue-body.jp/product/vanbody.htm

【太伸車輛株式会社】
〒983-0005
宮城県仙台市宮城野区福室字御蔵前2-62-3
太伸車輛株式会社の保冷車のページ:
http://www.daishin-sharyo.com/lineup/reitou/index.html


~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)