【対策や罰則】交通三悪とは?

【対策や罰則】交通三悪とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
切符の確認
 重大な事故の原因となりやすい、無免許運転や飲酒運転、速度超過(スピード違反)。

 これらは交通三悪と位置づけられ、取り締まりや処罰が厳しくなっている。

 また、重大事故につながる別の原因と言われる、新交通三悪とはどういう内容だろうか?

 今回は交通三悪の概要や対策などについてまとめたので、参考にして欲しい。

交通三悪や新交通三悪とは

酒酔い運転

重大事故につながる


 交通三悪とは、重大事故の原因となる無免許運転、飲酒運転、速度超過(スピード違反)のことだ。

 これらの違反は1960年代半ばから増えており、飲酒運転は7.4倍、速度超過は17.7倍と、死亡率が他の事故よりも高くなっている。

  • 無免許運転
  • 飲酒運転
  • 速度超過

 さらに、シートベルト非着用、過積載、違法駐車の3つは、新交通三悪として1993年に制定されている。

 これらの違反も重大事故につながりやすく、外見で違反を判断でき、取り締まりしやすいという特徴がある。

  • シートベルト非着用
  • 過積載
  • 違法駐車

交通三悪の対策

取り締まり

対策方法は


 では、重大事故につながる交通三悪や新交通三悪を防ぐための対策とは、何があるのだろうか?

  • 取り締まり強化
  • 厳罰化
  • 会社の管理強化

 これらの対策としては、検問の増加やオービスの設置など、警察側の取り締まり強化が行われている。

 また、飲酒提供車や同乗者にも罰則が与えられるようになったり、処罰が年々厳しくなっている。

 さらに、トラックへのタコメーター配備、運転手へのアルコールチェックなど、会社側の管理強化も求められている。

 これらの対策が行われているにもかかわらず違反者が発生してしまうことがあるが、罰則はどうなっているのだろうか?

 罰則については、次の項目で詳しく触れていきたいと思う。

交通三悪の罰則

スピードガンの確認

罰金や点数など


 さて、交通三悪や新交通三悪の罰則とはどうなっているのだろうか?

 ここでは、普通車の場合について表にしてみたので、参考にして欲しい。

交通三悪


無免許運転
懲役3年以下、罰金50万円以下、加点25点
酒酔い運転
懲役5年以下、罰金100万円以下、加点35点
酒気帯び運転
懲役3年以下、罰金50万円以下、加点25点
速度超過
懲役6ヶ月以下、罰金10万円以下、加点12点


 また、新交通三悪については、以下のような処罰が行われる。

新交通三悪


シートベルト非着用
加点1点
過積載
罰金3万円から10万円以下、加点2点から6点
違法駐車
罰金1万円から1万8千円以下、加点1点から3点


おわりに

 いかがだっただろうか。

 交通三悪や新交通三悪は、死亡事故や重大事故につながり、処罰も重いことが分かった。

 このため、運転を行う際は、交通三悪や新交通三悪の違反にならないように、心がけてはいかがだろうか。

 この記事が、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。
~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

初めまして。
初めまして。面白いブログですね。よろしくお願いします。
  • 2018/08/08 00:53
  • az5555
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2019/06/27 11:13
  • -
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)