【再発行や名義変更】標識交付証明書とは?

【再発行や名義変更】標識交付証明書とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
標識交付証明書の書類
 原付や小型特殊自動車に交付される、標識交付証明書。

 この標識交付証明書とは、一体どういう意味を持って交付されているのだろうか。

 また、標識交付証明書を再発行する場合や、名義変更時はどうすれば良いかも気になるところだ。

 そこで今回は、標識交付証明書の概要や再発行などについてまとめたので、参考にして欲しい。

              
                                                           

標識交付証明書とは

ハンコが押された書類

車検証のようなもの


 標識交付証明書とは、標識(ナンバープレート)の交付を受けた原付や、ショベルローダーなどの小型特殊自動車の使用者に交付される書類だ。

 標識交付証明書(ひょうしきこうふしょうめいしょ)は標識(ナンバープレート)の交付を受けた原動機付自転車または小型特殊自動車の使用者に対して、使用者住所を管轄する市区町村長が交付する書面である。

標識交付証明書



 また、標識交付証明書は住所登録を行っている市区町村で申請が可能であり、この際は無料でできる場合が多い。

 さらに、市区町村によっては運転時の携帯が必要な場合があるので、確認をしておいたほうが良いだろう。

 ちなみに、自賠責保険に加入するときや、車両の譲渡を行うときにも標識交付証明書は必要になる。

  • 市区町村で申請が可能
  • 運転時に携帯が必要な場合も

標識交付証明書の再発行

書類への記入

無料の場合が多い


 標識交付証明書を紛失した場合の再発行は、登録を行った市区町村で行える。

 この再発行は市区町村によって異なるが、ほぼ無料の場合が多い。

  • 登録を行った市区町村で可能
  • ほぼ無料の場合が多い

 また、再発行時の必要書類は身分証明書や印鑑(認印)、委任状などで、10分程度で再発行ができる。

  • 身分証明書
  • 印鑑(認印)
  • 委任状

 ちなみに、標識交付証明書は大切な書類なので、盗難や紛失などに備えてコピーを自宅に保管しておいた方がよいだろう。

  • コピーを自宅に保管する

名義変更時の標識交付証明書

ショベルローダー

場合によって必要に


 標識交付証明書は車検証と同等の書類であるため、名義変更時の必要書類ともなる。

 この際は、以下のような書類が必要になる。

名義変更時の必要書類


廃車済み、同市内で譲ってもらう
譲渡証明書や廃車証明書
ナンバー付き、同市内で譲ってもらう
標識交付証明書
市外から譲ってもらう
廃車証明書、又はナンバー、標識交付証明書


 この際、廃車済みで同市内の人から譲ってもらう時は、譲渡証明書や廃車証明書を用意する。

 また、ナンバー付きで同市内の人から譲ってもらう時は、標識交付証明書が必要だ。

 さらに、市外の人から譲ってもらう時は、廃車証明書、又は前の市区町村ナンバー、標識交付証明書などが無いといけない。

おわりに

 いかがだっただろうか。

 標識交付証明書は、原付や小型特殊自動車には欠かせない書類であることが分かった。

 ここに書かれた情報などを覚えておけば、再発行時や名義変更時に役に立つのではないだろうか。

 この記事が、あなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)