モータリゼーションとは?歴史や2.0について

モータリゼーションとは?歴史や2.0について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
渋滞中
 我々の生活に欠かせない乗り物である自動車。

 この自動車に関連する用語であるモータリゼーションとは、どういう意味の言葉なのか?

 また、モータリゼーションの新たな現象と言われる2.0によって、何が変化するのだろうか?

 そこで今回は、モータリゼーションの歴史や問題点などについてまとめたので、参考にして欲しい。

モータリゼーションとは

駐車中の車

自動車が広く普及


 モータリゼーションとは、英語で動力化、自動車化の意味を持つ言葉で、自動車が社会と大衆に広く普及することを指している。

 モータリゼーション(motorization)とは英語で「動力化」「自動車化」を意味する言葉で、すなわち自動車が社会と大衆に広く普及し、生活必需品化する現象である。狭義では、自家用乗用車の普及という意味で言われることが多い。

モータリゼーション



 また、モータリゼーションは国や地域の経済力が一定の基準を満たすと進展すると言われている。

 この進展の条件は、国民の年収の1/3で車の購入ができるようになること、格差を示すジニ係数が小さいことが挙げられる。

  • 経済力が一定の基準を満たすと進展
  • 国民の年収の1/3で車の購入可
  • 格差を示すジニ係数が小さい

モータリゼーションの歴史や問題点

60年台の東京

車社会の拡大と問題発生


 国内のモータリゼーションの歴史は、1964年の東京オリンピックが発端である。

 このオリンピックのために高速道路の拡張や道路の整備が行われ、さらに廉価な価格帯の大衆車が出現したことによって、モータリゼーションが進んだ。

 さらに、1970年代のオイルショックによって、石油価格が低価格になったことも影響している。
  • 1964年の東京オリンピックが発端
  • 高速道路の拡張
  • 道路の整備
  • 石油の低価格化

 また、モータリゼーションによって交通事故の多発や渋滞の蔓延、環境汚染、郊外での無秩序な開発であるスプロール現象などの問題も発生してしまった。

 加えて、過疎地などでの公共交通の衰退なども起こっており、これらの問題を解決することが各地域の課題となっている。

  • 交通事故の多発
  • 渋滞の蔓延
  • 環境汚染
  • スプール現象の拡大
  • 公共交通の衰退

モータリゼーション2.0とは

自動運転のイラスト

モータリゼーション2.0とは


 モータリゼーション2.0とは、車の自動運転技術や電気自動車の普及、ITの活用によって進められる現象である。

 この現象により、自動車事故などが減ることが見込まれており、上項の問題の解決につながると見なされている。

  • 自動運転技術の普及
  • 電気自動車の普及
  • ITの活用

 また、モータリゼーション2.0によって、今後変化すると思われる部分は以下が挙げられる。

  • 車の販売台数
  • 物流ドライバーの減少
  • タクシードライバーの減少
  • 自動車保険の見直し
  • 自動メーカー以外の参入


おわりに

 いかがだっただろうか。

 モータリゼーション2.0が進むと、自動車に関する環境が大きく変わることがわかった。

 このため、今後モータリゼーション2.0がどう進展するか、注目したいところだ。

 この記事が、あなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)