【対策や還元装置】ブローバイガスとは?

【対策や還元装置】ブローバイガスとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
ガスの噴出
 エンジンが不調になっていたので中を確認したところ、パーツが腐食していた。

 このような場合は、ブローバイガスが漏れ出している可能性が考えられる。

 そこで今回は、ブローバイガスの概要や対策などについてまとめたので、参考にして欲しい。

              
                                                           

ブローバイガスとは

ブローバイガスとは

未燃焼ガスが溜まる


 ブローバイガスとは、エンジンのピストンとシリンダーの間から漏れだす未燃焼ガスである。

 このガスは車の構造上マフラーから出て行かないため、エンジン内部に溜まったり、外部に漏れだすこともある。

 このため、オイルの酸化や金属部分の腐食の原因となってしまう。

  • 未燃焼ガス
  • 内部に溜まったり漏れる
  • オイルの酸化や金属腐食の原因

 また、ブローバイガスは有害物質を含んでいるため、大気中に放出するのは公害の原因となり、法律で禁止されている。

  • 有害物質を含む
  • 大気中への放出は禁止

ブローバイガスの対策は

エンジン内部

再循環させて処理


 ブローバイガスの対策として、排気再循環(EGR)でブローバイ処理を行うことが挙げられ、内部EGRと外部EGRの2つの方法に分かれる。

 内部EGRは排気ポートから排気ガスを引き戻して燃料させ、外部EGRは排気系路と吸気系路を配管などで繋いで再循環させる。

  • 排気再循環を行う
  • 内部EGR 引き戻して燃料
  • 外部EGR 配管を繋いで再循環

 また、公道を走る車はこのような構造を持つことが法律で定められていて、構造を持っていないと車検に通らない事が考えられる。

  • 循環構造を持つことは義務
  • 無いと車検に通らない

ブローバイガスの還元装置とは

吸気管へ循環

再循環用の通気口


 ブローバイガスの還元装置とはクランクケースブリーザーという通気口を指し、古くから採用されている。

 この通気口は排気再循環に使われ、再循環型とクランク室掃気型に分かれる。

  • クランクケースブリーザー
  • 再循環型とクランク室掃気型

 再循環型は、クランクケースブリーザーの出口がエアクリーナーボックスや吸気管へ接続され、ブローバイガスが燃焼される。

 クランク室掃気型は、クランクケース内で換気を行い、オイルの劣化を緩和する。

  • 再循環型 吸気管へ接続される
  • クランク室掃気型 ケース内で換気

また、これらのブローバイガスに関するエンジン整備は、整備工場に問い合わせを行えば可能になる。

おわりに

 いかがだっただろうか。

 ブローバイガスはエンジン内で、再循環させて処理されていることがわかった。

 このため、ブローバイガスがエンジンから漏れていたら、整備工場で見てもらったほうが良いだろう。

 この記事が、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)