車検場が混雑する時期とは?理由や対策など

車検場が混雑する時期とは?理由や対策など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
車検の模様
 車を購入して2年が経ったので、ユーザー車検を受けに行きたい。

 この場合に、車検場が混み合う時期があることをご存じだろうか?

 そこで今回は、車検場が混雑する時期や対策についてまとめてみたので、参考にして欲しい。

              
                                                           

車検場が混み合う時期

エンジンのチェック

3月や4月が特に混む


 車の持ち主が、運輸支局や軽自動車検査協会に車を持ち込んで車検を受けるユーザー車検。

 このユーザー車検を受ける際は、新社会人や引っ越した人が車を購入するため3月や4月が混みあう時期である。

  • 3月や4月が特に混みあう
  • 新社会人や引っ越した人が車を購入

 このため、3月や4月は車の販売店がサービスを行ったり、車を安く販売する時期でもある。

 また、9月や10月は販売業者の中間決算の時期にあたるため、販売店によるサービスが行われ車を購入する人も多い。

 これらが理由で、3月や4月ほどではないが、運輸支局が混むようだ。

  • 9月や10月も混みあう
  • 販売店がサービスを行う

曜日や時間などは

車検のスタッフ

月曜や金曜の昼前後


 ユーザー車検が行われる運輸支局や軽自動車検査協会は、カレンダー通りの休みが多いが、平日では何曜日が混むのだろうか?

 この混雑する曜日とは、休みの前後である金曜、月曜であり、週末に車を購入する人が多いことが理由である。

 さらに、月末の場合は給料も出ているため、車検を受けやすいという事情も加わる。

  • 金曜や月曜が混む
  • 週末に車を購入するため
  • 月末の場合は給料も出ている

 また、時間帯では午前10時以降や午後13時以降など、昼の前後が混みやすくなっている。

  • 10時以降や13時以降など
  • 昼の前後が混みやすい

混雑への対策は

ユーザー車検の模様

8月などに受ける


 このような混雑への対策としては、1ヶ月早めに車検を受けるなど、混む時期を避けることが必要になる。

 また、8月はお盆の帰省などで忙しい人が多いため、運輸支局などが空いていることも多いが、車の修理業者が休みの場合もあるので注意したい。

 さらに曜日では、販売店が休みの火曜や水曜、時間帯では運輸支局が開く朝の9時ごろが狙い目となっている。

  • 混む時期を避ける
  • 8月は空いている
  • 火曜や水曜を選ぶ
  • 朝9時ごろを狙う

 ちなみに、どうしても3月や4月などに車検に出さないといけない場合は、車検専門フランチャイズに依頼すれば、安く早く済ませることも出来る。

おわりに

 いかがだっただろうか。

 車検場の混む時期は、特に3月や4月であることがわかった。

 このため、混みあう時期は避けて、空いている時期に車検を受けるように調整して欲しい。
 この記事が、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)