車の移動銀行窓口車とは?目的や機能など

車の移動銀行窓口車とは?目的や機能など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
窓口車のミニカー
 過疎地で公共交通機関が不便なため、銀行に足を運ぶのが困難だ。

 このような場合は、地域のよっては移動銀行窓口車が活用される場合がある。

 では、この移動銀行窓口車とは、どんな機能を有しているのだろうか。

 そこで今回は、移動銀行窓口車の機能や保有銀行などについてまとめたので、参考にして欲しい。

              
                                                           

移動銀行窓口車とは

タイの移動銀行窓口車1

銀行機能を有する


 移動銀行窓口車とは、トラックやバスを改造し、車内に銀行機能を設けた特種用途自動車で、移動店舗車の一種でもある。

 この移動銀行窓口車は、銀行の窓口機能とATM機能を合わせ持つ店舗車と、ATM機能だけを持つATM車に分類される。

 また、両車両は共に有人で、銀行職員が対応にあたる場合が多い。

  • 車内に銀行機能を持つ
  • 店舗車とATM車に分類
  • 銀行職員が対応にあたる

 さらに、移動銀行窓口車は3トンや8トントラック、マイクロバスが架装され、1台ずつオーダーメイドで架装される。

 そんな移動銀行窓口車は、交通が不便な過疎地の高齢者支援、買い物弱者支援、災害地での臨時営業などを目的に作られている。

  • トラックやバスが架装される
  • 過疎地の高齢者支援
  • 買い物弱者支援
  • 災害地での臨時営業

移動銀行窓口車の機能

ATM車

窓口機能とATM機能に分かれる


 移動銀行窓口車は、ATM機能や窓口機能に加えて、車両によっては待合室を備えている場合もある。

  • ATM機能
  • 窓口機能
  • 待合室

 この中でもATM機能は、預け入れや引き出し、振り込みや振り替え、通帳記入や繰り越しが出来る。

  • 預け入れや引き出し
  • 振り込みや振り替え
  • 通帳記入や繰り越し

 また、窓口機能は上記のATM機能に加え、新規口座開設や住所変更手続き、両替や税金・公共料金の支払い、ローンの相談なども可能だ。

  • 新規口座開設や住所変更手続き
  • 両替や税金・公共料金の支払い
  • ローンの相談など

 このように銀行と同等の機能を持つ移動銀行窓口車は、精密機器を搭載しているため、防振設計が施されている。

移動銀行窓口車の所有銀行

窓口車

所有銀行は少ない


 では、移動銀行窓口車を所有している銀行とは、どんな所になるのだろうか?

 実は、コンビニATMの普及やモータリゼーションの発展により、移動銀行窓口車を所有している銀行は少ない。

 この中でも、過疎地域や支店から距離がある場合に使われる車両は、スルガ銀行、静岡銀行、札幌銀行などが所有している。

  • スルガ銀行
  • 静岡銀行
  • 札幌銀行

 また、災害被災地で臨時営業を行う車両は、イオン銀行、セブン銀行、東邦銀行などが所有し派遣を行っている。

  • イオン銀行
  • セブン銀行
  • 東邦銀行

おわりに

 いかがだっただろうか。

 移動銀行窓口車とは、過疎地や災害地で活躍していることがおわかりいただけただろうか?

 この記事が、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)