オイルクーラーとは?効果や油圧など

オイルクーラーとは?効果や油圧など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
オイルクーラーを付けた車
 エンジンやギアオイルの冷却が行えるオイルクーラー。
 このオイルクーラーは、一体どのような仕組みでできているのだろうか。

 そこで今回は、オイルクーラーの概要や効果などについてまとめてみたので、参考にして欲しい。

オイルクーラーとは

オイルクーラー単品

オイルクーラーの仕組み


 オイルクーラーは、エンジンやギアボックスの冷却が行え、クーラー部分やホースなどのパーツから構成される。
このオイルクーラーは、走行時の風で冷やす空冷式と、エンジンの冷却水で冷やす冷却式に分かれる。

  • 走行時の風で冷やす空冷式
  • 冷却水で冷やす冷却式

 また、一般的な車両のエンジンオイルは、オイルが溜まるオイルパン部分で冷却される。
しかし、スポーツカーなどの高出力のエンジンを採用した車は、オイルパンのみでは冷却が足りなくなるため、オイルクーラーを取り付ける。

  • 一般車はオイルパンで冷却
  • スポーツカーなどはオイルクーラーで冷却

オイルクーラーの効果

エンジン内にオイルクーラー

エンジン出力を最大限に


 オイルクーラーの効果とは、油圧を安定させて、エンジン出力を最大限に引き出すことである。

  • 油圧の安定させる
  • 出力を最大限に

 このオイルクーラーがない状態だと温度が過度に上がり、オイルの潤滑や冷却、清浄状態が低下してしまう。

  • 温度が過度に上昇
  • 潤滑や冷却状態等が低下

 ただし、オイルクーラーは車種によっては取り付けられない場合がある。

 このため、購入前にネジやアタッチメントのサイズを要確認しないといけない。

オイルクーラーの油圧やホース

はみでたオイルクーラー

取り付けに注意


 オイルクーラーは、取り付けによって油圧が大きく低下して、潤滑不良になる場合もある。

 このため、オイルクーラーを外付けする際は、オイルポンプの流量を意識した上で、形式や配管系路を選定しないといけない。

  • 油圧が大きく低下する場合も
  • 流量を意識して取り付け

 また、オイルクーラーのホースは、耐油耐熱性に優れたゴム製のものが多く、単品では千円程度で販売されている。

 しかし、中古のホースを購入して取り付けた場合は、経年劣化によりオイル漏れが起こる原因となる。

  • 新品のホースは耐油耐熱性に優れている
  • 中古のホースはオイル漏れが起こりやすい

 このため、ホース購入時は極力新品を選んでもらいたい。

おわりに

 いかがだっただろうか。
オイルクーラーの効果などについて、様々なことがわかった。
 このため、場合によってはオイルクーラーを取り付けてみても効果があるだろう。
このように、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)