【設計や床面積】トラックヤードとは?

【設計や床面積】トラックヤードとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
ヤードのドア
 トラックで運ばれた荷物の積み下ろしなどを行うトラックヤード。

 このトラックヤードは、一体どのような条件で作られているか知らない方も多いのではないだろうか?

 そこで今回は、トラックヤードの概要や設計などについてまとめてみたので、参考にして欲しい。



              
                                                           

トラックヤードとは

ヤードのトラック

トラックヤードの目的


 トラックヤードとは、トラックやコンテナで運ばれた荷物の積み下ろしなどを行う敷地のことだ。

 このトラックヤードの中でも、トラックが乗り付ける部分はドックやプラットホームとも呼ばれている。

  • 荷物の積み下ろしを行う敷地
  • ドックやプラットホームとも呼ばれる

 また、トラックヤードは商業施設のビル内や店舗裏、倉庫施設や流通施設などに備えられている。

  • 商業施設のビル内や店舗裏
  • 倉庫施設
  • 流通施設

トラックヤードの設計

ヤードの建物

生活環境への影響を考慮


 では、トラックヤードが設計される際に留意される点とは、何があるのだろうか。

 この点とは、地域の都市計画や建物計画、駐車場計画に適合しているかなどだ。

  • 地域の都市計画
  • 建物計画
  • 駐車場計画

 さらに、周辺の交通量を把握しておき、渋滞を発生させないなど生活環境に影響を出さないようにすることも必要だ。

  • 周辺の交通量を把握
  • 渋滞を発生させない
  • 生活環境に影響を出さない

 これらの点に加えて、建物自体の物流量に応じた設計も必要になる。

  • 物流量に応じた建物

トラックヤードの高さや床面積

ヤードの高さ

高さや床面積の設定


 また、トラックヤードの高さや、床面積はどう設定されているのだろうか。

 この高さは納品を行うトラックの大きさによって変動し、以下のように設計される事が多い。

【トラックヤードの高さ】
2トンから3.5トン以下
0.9m±5㎝
5トン以上
1.2m±5㎝

 また、床面積の算定は地域によって異なるが、軒先から1m後退した部分までとなる場合が多い。

【床面積の算定】
主な算定基準
軒先から1m後退した部分まで

おわりに

 いかがだっただろうか。
 トラックヤードが設計されるまでに、様々な部分が考慮されていることがわかった。
 このため、近くのトラックヤード周辺を観察してみても面白いだろう。
 このように、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)