誘導車に関する条件や資格について

誘導車に関する条件や資格について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
誘導車
 誘導車(先導車)の仕事に就いてみたいけど、必要な条件や資格がわからない。
 そんなあなたのために、誘導車を運転する際に関する条件や資格についてまとめてみた。
 すでに誘導車の運転手をしている方には退屈な記事になってしまうかもしれないが、ご了承願いたい。


              
                                                           

誘導車の仕事内容

特殊車両
 誘導車に関する条件や資格について説明する前に、仕事内容について説明する。

 この誘導車の仕事は、大型重機などを運搬するトレーラーなど特殊車両が公道を通行する場合に、通行許可を得て8時間程度誘導する。

 この際は、許可された道路を時間内に通り、緑色回転灯や無線、反射板や通行許可証などを備えた状態で特殊車両の前後に付く。

  • 特殊車両の誘導
  • 許可された道路を通行
  • 緑色回転灯や無線を備える
  • 特殊車両の前後に付く

 また、誘導を行なう特殊車両の中でも代表的な車両は、以下が挙げられる。

  • バン型
  • 自動車運搬型
  • あおり方
  • 重量物運搬用セミトレーラ

 また、誘導車の求人はアルバイトの場合と正社員の場合があり、バイトの場合は日給7千円から1万4千円程度となる。

 さらに正社員の場合は月給20万円から35万円程度で募集がかけられている。
  • 日給7千円~1万4千円程度
  • 月給20万円~35万円程度


誘導車に関する条件・資格

普通免許
 さて、いよいよ誘導車に関する状態や資格について解説していく。

【忍耐力や運転技術】
 誘導車の運転は、一日に40㎞から80㎞の走行が必要となるため、長距離運転中の睡魔や尿意に耐えられないといけない。

 また、長時間の運転や狭い道路でも通行できる運転技術も必要となり、合わせて特殊車両の車体の動きを把握する判断力も求められる。

【責任能力など】
 誘導車の仕事は、会社によってガソリン代の支払いや車の持ち込みが必要になり、委託作業の場合は事故責任が自分の場合になることもある。

【普通免許は必須】
 最低限の必要資格はATの普通免許であり、トレーラーを誘導するため大型免許保持者が優遇される。
 また、会社によっては普通免許を持っていれば、未経験でも研修を受けられる場合もある。

おわりに

 いかがだっただろうか。
 この記事に書かれた条件や資格があれば、とりあえず誘導車の運転手の求人に応募できるだろう。
 あなたがこの記事を参考に誘導車の運転手になれれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)