【使い方や価格】車のホイールバランサーとは?

【使い方や価格】車のホイールバランサーとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
ホイールがついたホイールバランサー
 車輪のバランスを調整できる機械であるホイールバランサー。

 このホイールバランサーは、一体どのようなものか知らない方も多いのではないだろうか?

 そこで今回は、ホイールバランサーの仕組みや価格についてまとめてみたので、参考にして欲しい。



              
                                                           

ホイールバランサーとは

カバーをかけたホイールバランサー

ホイールバランサーの目的


 ホイールバランサーとは、タイヤ装着時のホイールのバランス(釣合)を計る機械のことだ。

 この釣合とは、車輪の偏心程度、静的釣合(スタティックバランス)、動的釣合(ダイナミックバランス)が充分に取れている状態を指す。

 もしも釣合バランスがとれていないと、ハンドルのブレ、車の振動、タイヤの偏摩耗などが発生してしまう。

  • ホイールのバランスを計る機械
  • ハンドルのブレ、車の振動などを防ぐ

 これらの現象を防ぐためにも、主にタイヤの交換時などにバランサーで計ることが必要になる。

  • タイヤ交換時に使用

仕組みや使い方

シャフトへの取り付け

ホイールを回転させる


 ホイールバランサーの仕組みは、シャフトのついたバランサー本体、重心バランスを確認できるディスプレイに分かれている。

 このシャフトにホイールを挿して回転させることなどにより、重心バランスのズレが検出できる。

  • シャフトのついたバランサー本体
  • バランスのズレを確認できるディスプレイ

 また、ホイールバランサーを使う際は、以下のような手順になる。

  • シャフトにホイールを挿す
  • ホイール幅やリム幅などをディスプレイに入力
  • ホイールを回転させ、ズレを検出
  • 修正ウェイトを貼る
  • 再度回転させ、ズレがないか確認

 重心バランスのズレが検出された際は、ズレが生じている部分に修正用のウェイトを貼り付ける。

 これを貼った状態で再度ホイールを回転させて、ズレが無くなるかを確認していく。

 以下の動画は、実際にホイールバランサーを使用して、ズレを修正している様子だ。


ホイールバランサーの価格

ホイールバランサーの操作

カー用品店でも使用可


 では、もしもホイールバランサーを購入する場合は、いくらぐらいかかるのだろうか。

 ホイールバランサーはタイヤの対応サイズが大きい程高くなり、新品では10万円から50万円、中古では5万円から10万円程度で購入できる。

  • 新品では10万円から50万円
  • 中古では5万円から10万円

 ちなみに、中古品はオークションなどで購入する際の価格になる。

 また、カー用品店や整備工場にも設置されており、1回千円程度で計ってもらうことができる。

  • カー用品店や整備工場にも設置されている
  • 1回千円程度で使用可能

おわりに

 いかがだっただろうか。
ホイールバランサーを使えば、バランスを整えて車の不調を防げることがわかった。
このため、タイヤを交換する際などにホイールバランサーでバランスを計ったほうが良いだろう。
このように、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)