【違反など】トンネルではライトをつけないといけないの?

【違反など】トンネルではライトをつけないといけないの?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
トンネル内部
 あなたは、トンネル内の走行時にスモールランプやフォグランプのみで通過したことはないだろうか?

 このような場合は、無灯火違反となり、罰金を支払う可能性がある。

 また、トンネル内でライトを点灯する際は、上向き、下向きのどちらは正しいのだろうか。

 そこで今回はトンネル内でのライトの点灯についてまとめてみたので、参考にして欲しい。



              
                                                           

ライトはつけないといけない?

スモールランプの点灯

事故の可能性も


 高速道路などのトンネル内は、照明が明るいためにスモールランプやフォグランプのみで通過する車がいる。

 しかし、トンネル内でヘッドライトを点けることは義務であり、自車の存在を他車に伝えるためにも点灯が必要になる。

 このヘッドライトの点灯義務は、道交法52条によって定められている。

 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあつても、同様とする。

道交法52条1項


 もしも非点灯の状態で運転していると、他車のドアミラーにはっきり映らないので、車間距離がつかめず衝突事故が起こることもある。

  • ヘッドライトの点灯は義務
  • 他車に存在を伝えるため

 このような理由もあり、トンネル内での事故は衝突が一番多くなっている。

 また、トンネル内の照明については以前書いた記事があるので参考にして欲しい。

【照明の色に関する記事】




トンネル内でのライトは上向き?

上向きに点灯

場合によって切り替えを

 では、トンネル内でライトを点灯する際は、上向き、下向きのどちらを選べば良いのだろうか。

 道交法や保安基準、告示によると、夜間やトンネル内などの暗い場所での走行時は、ライトを上向き(ハイビーム)にするように解釈されている。

 しかし、対向車や前走車の直後を走る際は、下向き(ロービーム)に切り替えないといけない事が、道交法52条1項によって定められている。

 2.車両等が、夜間(前項後段の場合を含む。)、他の車両等と行き違う場合又は他の車両等の直後を進行する場合において、他の車両等の交通を妨げるおそれがあるときは、車両等の運転者は、政令で定めるところにより、灯火を消し、灯火の光度を減ずる等灯火を操作しなければならない。

道交法52条1項


 つまり、車両の走行が無い場合は上向きを、走行量が多い場合は下向きを使い分ければ良いだろう。



ライトを点けないと違反に?

無点灯での運転

灯火の義務違反


 この答えは項目1で出たとおり、ヘッドライトを点けていないと灯火義務の違反となり、罰金6千円と1点が加点される。

  • 罰金6千円
  • 1点加点

 また、道交法18条の施行令では、照明が暗く、道路の50m先まで見えない場合はヘッドライトを点けないといけないとも定められている。

 車両等は、法第五十二条第一項前段の規定により、夜間、道路を通行するとき(高速自動車国道及び自動車専用道路においては前方二百メートル、その他の道路においては前方五十メートルまで明りように見える程度に照明が行われているトンネルを通行する場合を除く。)は、次の各号に掲げる区分に従い、それぞれ当該各号に定める灯火をつけなければならない。

道交法施行令18条


 このため、トンネル内の走行時はスモールランプやフォグランプのみの点灯だけでは違反になると言えるだろう。



おわりに

 いかがだっただろうか。

 ヘッドライトは、トンネル通過時にも点けないといけないことがわかった。

 たとえトンネルの中が明るくても、他車に認識させるためにもヘッドライトをつけておこう。

 もし、あなたがトンネル走行前にこの記事を読んでいて、少しでも参考になったならば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)