道路標識のビックリマーク[!]が表す意味とは

道路標識のビックリマーク[!]が表す意味とは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
道路標識のビックリマーク[!]が表す意味とは
 知らない道路を走っている時に、ちょっと見慣れない道路標識を目にした経験は無いだろうか。

 その中でも有名な道路標識に、黄色地にビックリマークが記された道路標識がある。

 そこで今回は、道路標識のビックリマーク[!]の意味についてまとめたいと思う。



              
                                                           

道路標識とは

道路標識とは

そもそも道路標識とは


 日本において、道路標識は、都道府県の公安委員会が設置するものと、道路管理者が設置するものの2つに区分され、道路の規制や指示を行う際に設置される。

様式や設置基準は道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(以下、標識令)によって規定されている。日本においては都道府県公安委員会が設置するものと、道路管理者(国土交通省、都道府県、NEXCOなど)が設置するものがある。標識の設置区分に関しては標識令で定められている。道路標識を大別すると本標識と補助標識に分けられる。本標識は案内標識、警戒標識、規制標識、指示標識の4つに区分され、補助標識は本標識に付属するものとしている。
日本の道路標識-Wikipedia



【道路標識の種類】
  • 案内標識
  • 警戒標識
  • 規制標識
  • 指示標識

それぞれの意味


案内標識
地名や交差点での行き先などの案内を示す標識。国土交通省の管轄で道路管理者(国土交通省・東日本高速道路・中日本高速道路・西日本高速道路・都道府県・市町村など)が設置し、基本的に、一般道路に関わる標識は青地に白字で、自動車専用道路に関わる標識は緑地に白字で記してある。

案内標識の一例

警戒標識
警戒すべきことを示す標識。国土交通省の管轄で道路管理者が設置し、黄色地に黒ふち・黒模様の菱形。

警戒標識の一例

規制標識
何らかの行動を禁止・規制する標識。警察庁の管轄で各都道府県の公安委員会が設置し、多くが丸型で、禁止・徹底事項は赤の縁取りで青字、指定事項は青地で白字が使われる。

規制標識の一例

指示標識
何らかの許可や命令、横断歩道など道路上の施設を示す標識。警察庁の管轄で公安委員会が設置し、四角形、青地で白い絵がほとんど。

指示標識の一例


 いかがだろうか、並べてみると、色や形によって区分されているのが分かる。



ビックリマークの標識が示す意味

ビックリマークの標識が示す意味

「その他の危険に注意」の意味


 このビックリマーク[!]の標識は、警戒標識に区分され、次の標識と同じ区分になる。

【警戒標識の一例】
  • 右方屈曲あり
  • 右方屈折あり
  • すべりやすい
  • 落石注意
  • 横風注意


 また、このビックリマークの標識の意味を調べてみると、「一般標識にはないものへの注意」という意味がある。

 つまり、急カーブ注意、落石注意などとは、違う何かに注意をする標識である。

 この標識を見るだけでは何に注意したら良いのか分からないが、補助標識として、補足がされているものもあるようだ。

【補足された内容】
  • 路肩弱し
  • この先通り抜けできません
  • この先80m
  • 幅員狭し注意
  • 前方注意
  • 頭上注意


 これらの内容が、ビックリマークの標識の補足として付けられたものがあった。

 すでに存在している、警戒標識にはないもので、その場の状況を説明しているものがほとんどのようだ。



ちなみに

道路標識の例

都市伝説も


 なんでも、このビックリマークの標識には、都市伝説もあるようだ。

 人通りも多くなく、危険な箇所ではない場所に設置されたこのビックリマークの標識。

 「幽霊」が出る心霊スポットに多いと、話題になり、お化けや幽霊に注意と勘違いしている方も多い。

 確かに、何もへんてつもない道路に、この標識が経っていても何に注意したら良いのかわからない。

 そこで、薄暗い、人通りが少ないことが相まって、この噂が広まったようだ。

 ただ、厳密には、先ほど述べたように、地響きに注意しないといけない道路や、波しぶきに注意しないといけない道路など設置される。

 何も書かれていないものに関しては、補足を細かくすることで、事故が起きやすくなってしまうため、あえて何も書かないという背景があるようだ。

 ただ、警戒標識がある道路では、周りに注意して、気持ち速度を抑えて走行したほうが良さそうだ。



おわりに

 いかがだっただろうか。

 あまり見かけない道路標識は、教習で習っているはずだが忘れてしまっているものある。

 黄色に菱型の標識は警戒標識であるため、注意して走行するように心がけよう。

 また、道路標識の意味が不安という方は、これを機会に復習してみてはいかがだろうか。

 このように、少しでも道路標識について興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)