トラック・車のオークション代行、相場や手数料など

トラック・車のオークション代行、相場や手数料など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
トラック・車のオークション代行、相場や手数料など
 中古トラックや中古車の売買といえば、販売店や買取店を利用することが多いと思うが、オークションという手もある。

 ただ、初めて利用する方は、オークションは難しい…。そんな時に使われるのがオークション代行だ。

 そこで今回は、オークション代行とは何か、その相場や手数料についてまとめたいと思う。



              
                                                           

オークション代行とは

オークション代行とは

欲しい人と売りたい人の仲介


 オークション代行とは、全国のディーラー・中古トラック・自動車店・買取専門店等が利用している車の卸売市場より、ユーザーが購入・売却を希望する車を全国の会場から代行して購入または売却するシステムのことを指す。

 これは、誰でも利用できるものではなく、オークション会場を経営している会社と契約した業者のみが、そこのオークションに参加できる。

 つまり、一般の方はもちろん、中古車業者でも各会社と契約しなければ、そこのオークションに参加出来ない。

 そこで、オートオークション会社とお客様との間を仲介する「オークション代行」というサービスがある。

オークション代行の特徴


 オークション代行の特徴は、中古車・トラック販売店よりも購入価格が安く、個人売買よりも安全に中古車・トラックを購入することができる点にある。

 また、売却する場合は、価値のあるトラックであれば、買取店より高く売れるという長所がある。

 さらに、このオークションでは、中古車業者も販売車両の仕入れも行われため、購入価格は販売マージン(人件費・展示経費・その他諸経費)が発生せず、中古車店よりも安く車を手に入れる(高く売却できる)ことが出来る。

 このように、オークション代行の特徴を聞くと、利用してみたいという方も多いと思うが、中古車・トラックの購入や売却を代行業者へ依頼することとなるため、費用が発生する。

 この費用面を見た上で、利用するか判断してもらえればと思う。



購入する場合

購入する場合

手順


 中古車・トラックを購入する場合は次のような手順になる。

  • 中古車相場を確認
  • お気に入りの車両を見つける
  • オークションで購入するための契約
  • オークション前日
  • オークション開催日
  • 落札の成功・失敗

 まず、自分が欲しい車両がオークションであるかを確認する必要がある。

 オークション代行を行っているほとんどのサイトでは、中古車の相場を確認することが出来るため、そこを確認して欲しい車両を探す。

 その上で、代行業者へ購入するための契約を行う。

 基本的に購入する場合には、成功報酬が一般的です。そのため、この時点では、費用しないことがほとんどだ。

 オークション前日には、出品リストを確認し、車両の画像などをチェックし、最終確認をする。

 最後に、開催日当日は、希望した車種に上限いくらまで出せるかを決め、オークションが行われる。

 もし、落札出来なかった場合は、次回のオークションに参加することとなる。

 反対に、落札に成功した場合は、車両価格と代行費用として、次のようなものが掛かる。

費用


登録手続き代行費用
\35,000
整備費用
\30,000
納車手数料
\15,000
落札手数料
\8,640
オークション代行手数料
\54,000

メリット・デメリット


 やはり、オークション代行を利用するメリットとしては、費用が安い点があげられる。

 しかし、その反面、デメリットとしては、必ず手に入るとは限らない点だ。

 人気の車両の場合、他の人もその車両を狙っている事がある。

 そのため、車両価格が高騰したり、車両自体が手に入らないことも考えられる。

メリット
車両価格が安い
購入費用が安い
デメリット
必ず手に入るとは限らない




売却する場合

売却する場合

オークションごとに費用が発生


 オークション代行を利用して売却を考えた場合、次の手順になる。

  • 代行業者へ依頼
  • 車両情報・画像などを添付
  • オークション前日
  • オークション開催日
  • 落札の成功・失敗


 まず、不要になったトラックや自動車を代行業者へ連絡を取り、売りたい旨を伝える。

 その際に、車両情報や画像が必要となるため、車検証などを手元においておくと話がスムーズに進む。

 オークション前日には、いくらになったら売却するかの最終確認があり、オークションへのぞむ。

 売却の場合も、落札されるかいくらになるかがオークションが終わるまでわからない。

 もし、落札されなかった場合には、次回のオークションに出品することとなる。

 反対に落札された場合には、落札価格に消費税、リサイクル預託金などを足したものに、手数料を引いた金額が受け取ることが出来る。

費用


出品料
\10,000
成約料
\10,000
代行手数料
\30,000
陸送費
\10,000~


 出品料に関しては、1回のオークションごとに発生するため、売ることが長引けば、その分費用が発生する。

 また、成約料に関しては、オークションが成功した場合に発生する費用となる。

メリット・デメリット


 やはり、オークション代行を利用するメリットとしては、車両価格が高い点があげられる。

 しかし、その反面、デメリットとしては、必ず売れるとは限らない点だ。また、費用に関しても売れなければ、出品料が毎回掛かってしまう点が挙げられる。

メリット
車両価格が高い
デメリット
必ず売れるとは限らない
出品料が毎回掛かる




おわりに

 いかがだっただろうか。

 オークション代行を利用する際に掛かる手数料や費用をまとめてみたが、やはり、それぞれメリット・デメリットがある。

 やはり、ネックになるのが必ず売れる・購入できる訳ではない点で、いつ売れるのかがわからないのは不安が多いと思う。
 また、手数料などや契約などの時間を考えると、素直に販売店・買取点を利用したほうがいいかも知れない。
 このように、少しでもオークション代行に興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)