【改ざんで逮捕も】自動車の走行距離メーターの巻き戻し

【改ざんで逮捕も】自動車の走行距離メーターの巻き戻し

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
【改ざんで逮捕も】自動車の走行距離メータの巻き戻し
 トラックや自動車に乗っている方が毎日見るメーター。
走行距離がゾロ目になると記念に写真をとってしまう方も多いのではないだろうか。
なんでも、その走行距離を改ざんしたとして逮捕されるというケースが増えているようだ。
 そこで今回は、「自動車の走行距離メーターの改ざんについて」まとめたいと思う。


走行距離メーターとは

走行距離メーターとは

オドメーターとも


 トラックや自動車などに設置されている走行距離メーターは、オドメーター(Odometer)、走行距離計とも言い、その車両が完成してから現在までの累計走行距離を表示する計器のことを指す。

 走行した距離に応じて数値を増やしていき、走行した距離は常に保存され、積算される。

【オドメーターの種類】
  • アナログタイプ
  • デジタルタイプ(現在の主流)

 また、オドメーターは車両完成後から現在までに走行した距離を表示するため、数値を減らしたり0kmの初期状態に戻す(リセット)ことはオドメーターの機能上できない。

 その代わりに、トリップメーターといい、走行距離をリセットできるメーターがある。

 ガソリンを入れるたびにリセットして、燃費を測る方も多いのではないだろうか。

アナログタイプのオドメーター   デシタルタイプのオドメーター


 また、この画像を見て分かるように、最近の物はデジタルタイプのメーターが多くなっている。


走行距離メーター改ざんで逮捕も

走行距離メーター改ざんで逮捕も

不正防止策を逆手に利用


 基本的に、オドメーターの走行距離を改ざんすることは出来ないが、特殊な機器を使用することが出来てしまう。

 その不正を防止するために、車検証に車検ごとの走行距離が記載されることになったのだが、これが反対に利用される形になってしまった。

中古車の走行距離を少なく見せかけるメーター改ざん。その不正防止策を逆手に取り、車検証上の走行距離を脱法的な手続きで「リセット」する手口が出始めた。

大阪府警は業者を摘発するとともに、9日に国土交通省などに対策を求める文書を提出した。

沖縄県の30代の男性会社員は今年2月、ネットオークションで約48万円で落札した軽乗用車を目にして、「やられた」とショックを受けた。あちこちの塗装がはがれ、側面にはこすり傷。走行距離「5万8600キロ」とは信じられない。

オークション業者間では、扱った車の走行距離を記録している。男性は日本自動車査定協会に手数料1500円を払い、別の業者が約1カ月前に走行距離16万5490キロで売った車だったことを確認した。

不正防止策を逆手 中古車のメーター巻き戻しに新手口



ニュースの画像

 この画像のような手口を行うことで、車検証に掲載される走行距離を偽ることが出来る。

 そのため、自動車の経過年数や走行距離などの数字だけで車両を判断すると痛い目を見るととなる。

 対策としては、相手の素性がわからないオークションなどで購入しない、優良な販売店で購入することなどが挙げられる。

【対策】
  • オークションを利用しない
  • 優良な販売店を利用
  • 走行距離計交換歴車シールを確認
  • 走行距離計改ざん歴車シールを確認


交換歴・改ざん歴車シールとは

自動車のセンタピラー

改ざんなどが判明した車両の目印


 この走行距離計交換歴車シールと走行距離計改ざん歴車シールは、走行距離計が交換されている車両及び改ざんが判明した車両に自動車構成取引協議会が作成したシールがセンターピラーに貼付される。

 交換歴車シールには、不具合などにより走行距離計が交換されている場合には、「交換前・交換後の走行キロ数」などが記入されたシールが貼られ、改ざん歴車シールには、「改ざんの判明した月日」が記入されたシールが貼付される。

【シールの内容】
  • 交換歴車シール:「交換前・後の走行キロ数」
  • 改ざん歴車シール:「改ざんの判明した月日」

交換歴・改ざん歴車シール

 これのシールが添付されている場合には、しっかりと確認したほうが良いだろう。

 中古車を購入する際には、車両の価格や傷なども見る必要があるが、こういった点も見ておこう。

 また、良質な中古トラックの見分け方を知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。

【必見】良質な中古トラックを選ぶ21の見分け方



おわりに

 いかがだっただろうか。

 最近話題になった手口だが、これは氷山の一角で、まだまだこういった事例はあると思う。

 中古のトラック・自動車を購入する際には、車検証だけでなく、実際の車両も見たうえで判断して欲しい。

 このように、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)