【高速道路など】トンネルのライトがオレンジ色の意味とは?

【高速道路など】トンネルのライトがオレンジ色の意味とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
【高速道路など】トンネルのライトがオレンジ色の意味とは?
 高速道路や一般道路などを運転していると、トンネルを使う機会が多々あると思う。
 そこで、なぜトンネルのライトの色がオレンジなのだろう?と疑問を思った方も多いのではないだろうか。
 白熱灯や蛍光灯の方が明るくて見やすいイメージがあるが、わざわざオレンジ色にした意味はなんなのか…。
 そこで、トンネルのライトがオレンジ色の意味や効果などをまとめたいと思う。


オレンジ色のライトが使われる場所

透明トラックとはなにか

高速道路以外にも…。


 トンネルというと、高速道路などで使われる機会が多いが、実は、地下鉄や、鉱物の採掘などの現場でも使われていて、地上から目的地まで地下や海底、山岳などの土中を通る人工の、または自然に形成された土木構造物で、断面の高さあるいは幅に比べて軸方向に細長い地下空間を指す。

【トンネルが使われる場面】
  • 高速道路
  • 地下鉄
  • 鉱物の採掘

 中でも、身近なのがトラックなどの運転時に利用するトンネルだろう。
 ここに、複数枚のトンネル内の画像を用意してみたが、どの画像を見てもオレンジ色のライトが使われている。

トンネル内の画像1

トンネル内の画像2

トンネル内の画像3

 では、なぜオレンジ色のライトが使われているのか。
 次の項目で説明したいと思う。


ライトがオレンジ色の理由

オレンジ色の理由

照明の種類


 高速道路などで使われるライトには、低圧ナトリウムランプを用いることが多く、この低圧ナトリウムランプは、ガラス管にナトリウムの蒸気を封入したランプでオレンジ色の光を発する。

 また、このランプはオレンジ色の光のため、排気ガス、塵などの影響を受けにくく(光が通りやすく)、水銀ランプと比べて消費電力が1/2、1/3程度と経済的、さらに、寿命が長いといった特徴がある。

 ただ、オレンジ色の光であるため、赤色が黒っぽく見えてしまうというデメリットがある。

 そのため、トンネル内の消火栓は蛍光色の赤色に塗装され、オレンジ色の光のなかでも赤色に見えるよう配慮されているようだ。

メリットやデメリット


【メリット】
  • 排気ガス、塵などの影響を受けにくい
  • 消費電力が経済的
  • 寿命が長い
  • 周囲の温度に左右されにくい
  • 長時間運転しても疲れない

【デメリット】
  • 赤色が黒っぽく見える
  • すこし薄暗いため視認性が悪い

 トンネル内は、基本的に24時間照明をつけたままが多いため、コスト面や寿命を考えて、この低圧ナトリウムランプが用いられているようだ。

 また、オレンジ色というのは長時間運転しても、目に負担がかからない色で、トラックや車のメーターパネルの照明がオレンジ色なのもこれが理由としてあげられる。

入口照明と基本照明


入口照明と基本照明

 さらに、トンネル灯には、入口照明と基本照明というものがある。

 昼間、運転者がトンネルに接近する際に生じる急激な明るさの変化と、新入直後から起きる目の順応の遅れを緩和することを目的とした入口照明とトンネルを走行する運転者が前方の障害物を安全な距離から視認することを目的とした基本照明がある。

 基本照明は、トンネルの内部を等間隔に照らしているもので、入口照明は、周囲の明るさに応じて、照明の明度を調整する照明だ。



最近はLED照明なども

昔から存在していた透明トラック

ナトリウムランプ


ナトリウムランプのトンネル

使用年次
1955年~1999年
特徴
廃棄ガスや塵の影響を受けにくい。水銀ランプと比較して消費電力が1/2~1/3。

蛍光ランプ


蛍光ランプのトンネル

使用年次
1999年~
特徴
消費電力がナトリウムランプと同等で寿命がナトリウムランプより3割程度長い。

セラミックメタルハライドランプ


セラミックメタルハライドランプのトンネル

使用年次
2009年~
特徴
水銀ランプと比較して消費電力が約1/2で、寿命が同程度。

LEDランプ


LEDランプのトンネル

使用年次
2012年~
特徴
蛍光灯と比較して消費電力が同程度で、寿命が5倍程度長い。




おわりに

 いかがだっただろうか。

 最近は、オレンジ色以外のトンネル灯が使われる機会も増えているようだ。

 しかし、地方のトンネルなどでは、まだオレンジ色の照明を用いており、トンネル全部がLEDランプになるのはまだまだ先のようだ。

 何気なく使っていたトンネルだが、調べてみるとこのような意味があった。
 このように、少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。
~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)