飲酒運転・酒気帯び運転・酒酔い運転の違い

飲酒運転・酒気帯び運転・酒酔い運転の違い

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
飲酒運転・酒気帯び運転・酒酔い運転の違い
 2007年9月19日の道路交通法改正施行により、厳罰化された酒酔い運転。
 しかしながら、未だに飲酒運転で年間で4335件程度検挙されている。
 そこで、今一度、飲酒運転とはどういったものなのか。罰金や罰則なども含めまとめたいと思う。



              
                                                           

そもそも飲酒運転とはなにか

飲酒運転とはなにか

飲酒運転とは


 飲酒運転の種類には、酒気帯び運転と酒酔い運転があるが、それぞれの違いや定義まで把握しているという方は少ないのではないだろうか。

 基本的に飲酒運転は、飲酒後にそのアルコールの影響がある状態で自動車などの車両を運転する行為をいい、その酔っぱらい加減によって、酒気帯び運転なのか酒酔い運転なのかが判断される。

 細かく言うと、飲酒運転の中に酒気帯び運転と酒酔い運転が分類される形になる。

 交通法規による規制により、飲酒等により血中または呼気中のアルコール濃度が一定数値以上の状態で運転することを特に酒気帯び運転といい、数値に関係なく運転能力を欠く状態での運転を特に酒酔い運転という。

【飲酒運転の種類】
  • 酒気帯び運転
  • 酒酔い運転

 2007年9月19日の道路交通法改正施行により、下記のように厳罰化されている。

酒酔い運転の罰則
5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
酒気帯び運転の罰則
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
飲酒検知を拒否
3ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金



そもそも酒気帯び運転とはなにか

酒気帯び運転とはなにか

酒気帯び運転とは


 冒頭にも書いたが、飲酒運転の罰則は年々厳罰化されつつある。
【酒気帯び運転の罰則の厳罰化】
2002年5月末まで
アルコール濃度0.25mg以上
違反点数6点
2002年6月以降
アルコール濃度0.15mg以上
違反点数6点
アルコール濃度0.25mg以上
違反点数13点
2009年6月以降
アルコール濃度0.15mg以上
違反点数13点
アルコール濃度0.25mg以上
違反点数25点

 一般的に1つの行為で道路交通法の複数の規定に違反することになった場合には、最も重い行為の違反点数等が適用される。しかし、酒気帯び運転時に違反または事故を起こした場合には、酒気帯び点数が加重された違反点数が適用される。

 そのため、0.25mg未満であっても酒気帯びの状況では、違反が重大とはいえない場合であっても、それが初めての違反であったとしても、免許取消しになる場合がある。



そもそも酒酔い運転とはなにか

酒酔い運転とはなにか

酒酔い運転とは


 酒酔い運転は、認識的には酒気帯び運転よりも重いとされている。
 酒気帯び運転は、上記のように血中アルコール濃度(又は呼気中アルコール濃度)が一定量に達しているかという基準で判断されるが、実は、酒酔い運転は、酒気帯び運転と違い具体的な定義・基準は定められていない。

 つまり、酒酔い運転なのか酒気帯び運転なのかは、現場の取締り警察官の判断に委ねられていると言える。
 警察官が、現場で運転者の動向等を客観的に観察した際に、アルコールの影響で、蛇行運転していた・まっすくに歩けない・直立できない・呂律がまわらない等の具体的状況から正常な運転ができないと判断した場合に、酒酔い運転として検挙されることになる。

【酒酔い運転の罰則の厳罰化】
2002年5月末まで
違反点数15点
2002年6月以降
違反点数25点
2009年6月以降
違反点数35点

 酒酔い運転で検挙されると、即座に免許取り消しになるだけでなく、免許の欠格期間も長期にわたり、累積点数が35点の場合、欠格期間は3年間となる。



ちなみに

飲酒運転の注意点

飲酒運転の注意点


 ちなみに、ビールやワインなどを飲んで無くても、飲酒運転になってしまう場合がある。
 それは、甘酒や酒粕だ。飲酒をしたという認識が無くても、料理の中に入っていれば、体内にアルコールがあることには変わらない。
 そのため、甘酒や酒粕などを摂取した場合には、運転をしないようにしよう。

おわりに

 いかがだっただろうか。

 もし、飲酒運転で事故を起こしてしまった場合には、最悪、会社にも連絡が行ってしまうかも知れない。そうなってしまうと現在の職を失ってしまうことにもなりかねない。

 飲酒運転は、絶対に行わないように。

 少しでも自動車・トラックに興味のある方にとって参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)