エンジンのノッキングとは?原因と対策など

エンジンのノッキングとは?原因と対策など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ノッキングとは
 エンジンから、キンキンやカリカリといった金属音が鳴っていたという経験はないだろうか?
それをノッキングというのだが、エンジンにとっては、あまり良くない状態だ。

 そこで今回は、エンジンのノッキングについてまとめてみたので、参考にして欲しい。

ノッキングとは

エンジン
【金属音】
 ノッキングというのは、エンジンからキンキンやチリチリという金属音と、それに伴う振動がする状態のことである。
エンジンノックとも呼ばれる。
車に詳しくない人の場合だと、ノッキングしていることにも気付かない場合があるが、ノッキングを放置してしまうとエンジンブローなどに繋がるため、気付いたら対策を取る必要があるのだ。


【カーノック】
 カーノックというのは、マニュアル車において、ギアの操作ミスなどにより、エンジンの回転数が著しく低い状態で走行する場合に起こる振動のことだ。
スナッチと呼ばれることもある。
ちなみに、今回はこのカーノックではなく、前述のエンジンノックの方のノッキングについて説明する。

ノッキングの原因

エンジンのピストン
【燃料の異常燃焼】
 ノッキングは、燃料の異常燃焼によって引き起こされる現象だ。
ガソリンエンジンは、その構造上、自然発火ではなく、スパークプラグによる点火をすることで燃料が燃焼する様になっている。
これが、なんらかの原因で燃料が自然発火してしまうことで、その衝撃が燃焼室へ伝わり振動と金属音が鳴るのである。

 このようになってしまう原因としては、以下の様なことが考えられる。


【燃料のオクタン価】
 燃料のオクタン価(オクタン価=ノッキングの起こりにくさ)が低い場合にノッキングが起こる。
ガソリンの場合だと、レギュラーとハイオクがあるが、レギュラーよりもハイオクの方がオクタン価が高く、自然発火しにくくなっている。


【エンジンへの負荷】
 何かを積載したり、たくさんの人を乗せて運転する場合、エンジンにかかる負荷も多くなる。
エンジンに高い負荷がかかると燃焼工程が少し遅れてしまい、その遅れの隙をみて自然着火してしまい、ノッキングが起こるのである。


【点火時期】
 機械的な原因で点火時期がズレてしまうと、上記のようにノッキングが発生しやすくなる。


【高圧縮】
 ターボチャージャー付きのエンジンの場合、通常のエンジンよりも圧縮比が高くなりやすく、ノッキングしやすくなる。
そのため、ターボ搭載のエンジンは通常よりも低い圧縮比となっているのだ。
しかし、それでもターボはノッキングが発生しやすいと言われている。

 また、ターボがなくとも高圧縮エンジンの場合でもノッキングが起こりやすくなる。


【燃料が薄い】
 センサーなどの異常により、噴射される燃料が少なくなると混合気の燃料が薄くなる。
すると、必然的に酸素が多くなり、燃焼した時に高熱になってしまうのだ。

 燃焼室が高熱になってしまうと、オクタン価の低い燃料では自然着火しやすくなるためノッキングが発生する。


【燃焼室の汚れ】
 燃焼室が不完全燃焼などにより発生するカーボンで汚れている場合、カーボンに燃料が付着し、そこを発火源として自然発火しやすくなってしまう。


【Tips】
ちなみに、ディーゼルエンジンの場合は、そもそも自然発火による燃焼を行っているため、常にノッキング状態であるといえる。
しかし、そういった構造であるため気にする必要はない。

ノッキングの対策

燃料添加剤
【ハイオクガソリンを入れる】
 最も手っ取り早いのが、ハイオクガソリンを入れることだ。
ハイオクガソリンのオクタン価は96以上と指定されており、ガソリンスタンドなどで販売されているものは、98~100ほどの高オクタン価の物が多い。
対してレギュラーガソリンのオクタン価は、89以上の指定である。


【燃料添加剤を入れる】
 燃焼室がカーボンなどで汚れている場合には、燃料添加剤を使用することである程度はキレイになるだろう。


【Tips】
燃料添加剤についてはこちらの記事を参考にして欲しい。
燃料添加剤の効果とは?ガソリンやディーゼルなど


【ディーラーや工場に連絡】
 上記のことをしてもノッキングが改善されない場合には、素直にディーラーや整備工場に連絡しよう。
修理費用に関しては、原因によって異なるので、一度点検してもらうことをオススメする。

ノッキングに関する動画

 この動画は、ノッキングの音を倍増して録音してものだ。
チリチリ、カリカリという音が聞こえるだろうか?



おわりに

 いかがだっただろうか。
ノッキングは、基本的にはノックセンサーというもので検知して対処しようとしているものだが、それでも上記のような原因でノッキングが発生してしまう。

 もしあなたの車がノッキングを起こしているのなら、なるべく早めに対策をとったほうがいいだろう。
その際に、この記事が少しでも参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)