スーパーチャージャーとターボチャージャーの違いとは?

スーパーチャージャーとターボチャージャーの違いとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
過給器の違い
 エンジンをパワーアップさせるために加給器を搭載することが良くある。
しかし、過給器の中でもスーパーチャージャーとターボチャージャーの2種類があるのをご存知だろうか?

 そこで今回は、スーパーチャージャーとターボチャージャーの違いについてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

スーパーチャージャーとは

スーパーチャージャー
【エンジンの動力から過給する】
 スーパーチャージャーとは、エンジンの動力を利用してコンプレッサーなどを動かし、圧縮した空気をエンジンに送り込むことで加給することのできる過給器だ。

 その方式には、いくつかの種類があり、それぞれに特徴がある。


【メリット】
低回転でも過給
スーパーチャージャーは、エンジンの動力を利用するため、低回転から高回転までスムーズに加給することが可能である。
取り回しが簡単
エンジンの動力を取り出すだけなので、ターボと比較するとエンジン周りの取り回しが簡単である。


【デメリット】
高回転でのロス
エンジンの動力を利用するため、高回転時にパワーロスが生じてしまう。
燃費が悪い
エンジンの動力によって動作するため、ターボと比較すると燃費が悪い。


【Tips】
スーパーチャージャーについては、こちらの記事も参考にして欲しい。
スーパーチャージャーとは?その仕組みなど

ターボチャージャーとは

ターボチャージャー
【排気を利用して過給する】
 ターボチャージャーとは、エンジンの排気ガスを利用して、タービンを回すことでコンプレッサーを作動させることで過給する過給器だ。
大きなタービンを1つ取り付けるシングルターボと、小さなターボを2つ取り付けるツインターボ等の種類がある。


【メリット】
高回転でのトルク
排気圧を利用するため、高回転時に十分なトルクを得ることが出来る。
燃費が良い
無駄になる排気ガスを利用しているため、スーパーチャージャーと比較すると燃費が良い。


【デメリット】
低回転時のトルク
排気ガスがあまり出ない低回転時には、あまり加給がされずにトルクを得ることが出来ない。
取り回しが複雑
ターボの場合、インタークーラーを利用するのが一般的であり、エンジン周りの取り回しが複雑になりやすい。



それぞれの違い

FJクルーザーのスーパーチャージャー
【低回転】
 低回転での加給に関してはスーパーチャージャーの方が優れている。
しかし、ターボチャージャーでも、ツインターボならある程度は低回転から高回転までスムーズな加速が可能だ。


【高回転】
 高回転での加給はターボチャージャーの方が優れている。
特にシングルターボの場合、中回転~高回転でかなりのトルクが出る。


【燃費】
 スーパーチャージャーは、多少なりともエンジンに負荷がかかってしまうが、エンジンに負荷をかけずに加給を行えるターボチャージャーの方が燃費が良いようだ。


【取り回し】
 エンジンルーム内の取り回しに関しては、スーパーチャージャーの方が簡単だが、スーパーチャージャー自体が大型であるため、エンジンルームのスペースの確保が必要になる。


【現在の主流】
 現在では、スーパーチャージャーを搭載する車はかなり少なく、「過給器といえばターボ」となっている。
これは、ターボの開発が進み、デメリットも少なくなってきているからだが、スーパーチャージャーも開発は進んでおり一部車種では採用されている。

おわりに

 いかがだっただろうか。
スーパーチャージャーと、ターボチャージャーの違いをおわかりいただけただろうか?
この記事が、少しでもあなたの役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)