運送業で働くために必要な資格とは?

運送業で働くために必要な資格とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
運送業で働くための資格
 これから運送業で働こうと思った時に、あると便利な資格がいくつかある。
中には取得が難しいものもあるが、たくさんの資格があると何かと役に立つのだろう。

 そこで今回は、運送業に勤める際に持っていると良い資格をまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

トラック関係

トラック

中型~大型自動車免許


【基本中の基本】
 もしあなたが、ドライバーとしてトラックを運転するのであれば、中型自動車免許や大型自動車免許は必須になってくるだろう。

 もちろん、普通自動車免許でも小型トラックによる配送などは可能だが、出来れば中型自動車免許以上の免許を持っていたほうが良い。
ちなみに、それぞれの免許で運転できるトラックは下記のようになっている。


普通免許 : 
中型免許 : 
大型免許 : 
積載量
3,000kg未満
6,500kg未満
6,500kg以上
総重量
5,000kg未満
11,000kg未満
11,000kg以上

 このように、普通免許ではかなり限られたトラックでしか運転することができないのである。
例えば、小型トラックのいすゞ・エルフでも総重量が5tを超える車両もあるし、積載量が3tを超えるものもあるのだ。


【中型免許の取得方法】
 中型免許を新たに取る場合、あるいは中型免許の限定解除を行う場合には、下記の記事を参考にして欲しい。



【大型免許の取得方法】
 中型免許よりも、大型免許の方が取得にかかる時間が長く、金額も高いが、大型免許を取得してしまえばトレーラー以外のどんなトラックでも運転することができるので持っておいて損することはないだろう。




けん引免許


【トレーラーを運転する際に】
 大型免許を持っている人なら、是非ともけん引免許を取得して欲しい。
けん引免許があれば、フルトレーラーやセミトレーラー、ポールトレーラーなどの車両を運転することができるからだ。

 大型免許+けん引免許があれば、もう取得すべき運転免許はないと言えるくらいだ。


【けん引免許の取得方法】
 けん引免許を取得するには、こちらの記事を参考にして欲しい。


重機関係

フォークリフト

フォークリフト


【パレットの移動に】
 運送業だからといって運転するばかりではない。
倉庫内のパレットやコンテナの移動などを行う職種もあるからだ。

 そんな時に、フォークリフトの資格を持っていたら何かと重宝されるだろう。
また、フォークリフトの資格は取得にかかる時間も短く費用もそれほど高くないため、今からでも取得しに行けるくらいだ。


【フォークリフトの資格取得】
 フォークリフトの資格を取る場合の費用は、およそ¥30,000~¥40,000程度で、4日ほどで取得することが可能だ。
詳しくは、こちらの記事を参考にして欲しい。




クレーン


【大きなコンテナの積み下ろしなど】
 クレーンの免許を所有していれば、大型コンテナなどの積み下ろしを行うことが出来る。
トラック運転手でクレーンの資格を持っているという人は多くないかも知れないが、持っておいて損することはないだろう。

 クレーンの免許は、種類が様々で費用や期間も異なるため、詳しく知りたい方は下記の記事を参考にして欲しい。


その他

整備管理者

運行管理者


【運転手の安全確保】
 運行管理者というのは、トラック運転手の乗務割を作成したり、休憩や睡眠の管理、また運転手の指導監督や点呼などを行う。
それによって、運転手の健康状態を把握することで安全に運行を行えるようにするための役割がある。

 一定数を超えるトラックを所有している営業所に対して、一定数を超える運行管理者を選ばなくてはならないため、トラック運転手やバスの運転手でも運行管理者の資格を取得している人は少なくない。


【運行管理者の資格取得】
 運行管理者の資格を取得するには、まず事業用自動車の運行管理に関する1年以上の実務経験が必要になる。
ただ、実務経験に変わる講習というものもあるので、必ずしも実務に携わっていなくても試験を受けることが出来るようだ。

 試験には、貨物と旅客の2種類があり、道路運送法や貨物自動車運送事業法などに関する問題が出るそうだ。

 受験料は¥6,000と安いが、試験日が年に2日しかないので今すぐ資格を取得するというわけにはいかない。



整備管理者


【トラックの安全確保】
 運行管理者は、運行に関して運転手の状態を把握したりするが、整備管理者は運行に使用するトラックやバスなどの点検や整備を行う人だ。
しっかりとメンテナンスをした車両で運行を行うことで車両トラブルによる事故を減らすことができる。

 事業用トラックに関しては、5台以上保有している会社には整備管理者を選任しなければならないため、やはり運転手でも取得している人はいるようだ。


【整備管理者の資格取得】
 3級以上の自動車整備士を取得している者は、申請を行うだけで整備管理者として専任することが出来る。
整備士の資格を所有していない場合には、点検整備に関わる2年以上の実務経験を経て、運輸局の整備管理者選任前研修の修了が必要になる。

 運輸局が行う研修は2ヶ月に1度程度しか行われない地域もあるため、すぐに満員になってしまい、申し込みすらできないこともある。
研修の費用はおよそ¥1,000程度で、選任の手続きには¥2,000程の費用がかかる。

おわりに

 いかがだっただろうか。
これらの資格を全て取得しなくてはならないわけではないが、運送業に勤めるのなら資格はたくさん持っていたほうが何かと便利だろう。
もし、この記事を参考に資格を取得していただければ幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)