【エンジン】DOHCとSOHCの違いとは?メリットなど

【エンジン】DOHCとSOHCの違いとは?メリットなど

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
DOHCとSOHCの違い
 車のカタログなどを見ていると、エンジンの種類にDOHCやSOHCなどと記載されているのを見たことがないだろうか?
車好きの人でなければ、DOHCなどと聞いてもピンとこない人が多いのではないかと思う。

 そこで今回は、DOHCとSOHCの違いや、メリットなどについてまとめてみたので、参考にして欲しい。

SOHC(OHC)エンジンとは

SOHC
【シングルオーバーヘッドカムシャフト】
 まずは、SOHCについて説明しよう。

 SOHCというのは、「Single OverHead Camshaft」の略で、1つのシリンダーヘッドに対して1本のカムシャフトがあるエンジンのことだ。
1本のカムシャフトで吸気と排気のバルブを動かすのである。

 後に開発されたDOHCエンジンに対してSOHCと呼ばれるようになった。


【SOHCのメリット】
 SOHCは、後述するDOHCと比較した際に、下記のようなメリットがある。

構造が単純
カムシャフトが1本であり部品点数が少ないため、エンジンの構造が単純である。
低回転
SOHCは、低回転時のトルクが大きいため、アメリカでは好んで使われる。
低燃費
回転の抵抗が少ないため、燃費の良いエンジンが作りやすい。
低コスト
部品点数が少ないため、エンジン自体のコストも抑えられる。

DOHCとは

DOHC
【ダブルオーバーヘッドカムシャフト】
 DOHCとは、「Double OverHead Camshaft」の略で、1つのシリンダーヘッドに対して2本のカムシャフトがあるエンジンのことだ。
吸気側のカムシャフトと、排気側のカムシャフトで分かれている。
また、2つのカムシャフトがあるということで「ツインカム」と呼ばれることも多い。

 SOHCのV型エンジンなどでは、カムシャフトの数が2本になるが、この場合はDOHCとは言わない。


【DOHCのメリット】
 DOHCは、SOHCと比較した際に下記のようなメリットがある。

カムシャフトへの負担が少ない
吸気と排気でカムシャフトが分かれているため、カムシャフト一本あたりにかかる負担が少なくなる。
駆動ロスが少ない
エンジンによっては、カムシャフトがバルブを直に押し出す事が可能であるため、駆動ロスが少なくなる。
高回転
駆動ロスが少ないため、高回転時のトルクが大きい。

DOHCとSOHCの違い

悩む人
【カムシャフトの数が違う】
 上記のことをまとめると、まず、カムシャフトの数が異なるということがわかるだろう。
SOHCはカムシャフトが1本で、DOHCはカムシャフトが2本となっている。

 またそれに付随して、下記のようなポイントが異なる。

  • 回転数に応じたトルク
  • 燃費性能
  • 構造の複雑さ
  • コスト


【どちらのほうが優れているか】
 結局のところ、DOHCとSOHCではどちらの方が優れているのかということが気になると思うが、どちらも互いにはない優れたポイントがあるため、優劣を付けるのは難しい。

 ただ、高回転でのトルクというのが魅力的であるため、現在製造されているエンジンはSOHCよりもDOHCの方が多い。

おわりに

 いかがだっただろうか。
それぞれにメリットがあり、どちらも魅力的なエンジンであることがおわかりいただけたと思う。
この記事が少しでもあなたの役に立てば幸いである。


【エンジンに関連する記事】

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)