水平対向エンジンの仕組みとは?メリット・デメリットなど

水平対向エンジンの仕組みとは?メリット・デメリットなど

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
水平対向エンジンとは
 エンジンには、直列エンジンとV型エンジンの他に水平対向エンジンというものがあるのをご存知だろうか?
日本でも一部の車種にしか使用されていないエンジンだが、直列やV型の比較の際に話題に上がるエンジンである。

 そこで今回は、水平対向エンジンの仕組みや、そのメリットやデメリットをまとめてみた。


              
                                                           

水平対向エンジンについて

水平対向エンジン

水平対向エンジンとは

【左右水平にシリンダーを配置したエンジン】
 水平対向エンジンとは、シリンダーを左右に分け、さらにそれを水平に配置したエンジンのことである。
現在では、スバルとトヨタ(スバルとの共同開発)、ポルシェにしか搭載されていないエンジンである。

 開度180°のV型エンジンと似ているが、仕組は異なる。
また、水平対向エンジンと180°のV型エンジンの総称としてフラットエンジンと呼ぶこともある。



水平対向エンジンの仕組み


【左右対称なピストンの動き】
 水平対向エンジンは、左右に配置されたシリンダーのピストンが同じタイミングで動くという特徴がある。
これは、左右対称の動きをするようにコンロッドがクランクシャフトに取り付けられているからだ。
そのため、等間隔爆発が可能となっている。

 水平対向エンジンによく似た180°V型エンジンの場合、左右のコンロッドがクランクシャフトの同じ位置に取り付けられているため、左右で対象の動きにはならず、不等間隔爆発となるのである。

 この動画を見れば、水平対向エンジンの動きをある程度理解することができるだろう。


【Tips】
その他のエンジンについては、こちらの記事を参考にして欲しい。

メリットやデメリット

ポルシェ
ポルシェ

メリット


【高さが低く、全長が短い】
 直列エンジンと比較すると、シリンダーが水平になっているため高さが低く、エンジン自体が低重心となる。
また、気筒数が増えた場合に、水平対向エンジンの方が全長が短くなるのである。


【振動が少ない】
 水平対向エンジンは、振動が少ないというメリッtもある。
等間隔爆発により、エンジンが発する振動を打ち消し合うためだ。


【高回転に優れている】
 水平対向エンジンは全幅が長くなりやすいため、シリンダーが短く設計されている。
ショートストロークのエンジンは、高回転が得意と言われている。



デメリット


【全幅が長い】
 直列エンジンでは縦方向の動きをするシリンダーを、水平対向エンジンでは横向きにするため全幅が長くなってしまう。


【ハンドルの切れ角が少ない】
 全幅が長くなることで、エンジンルームのスペースを十分に確保できず、ハンドルの切れ角が少なくなることが多い。


【メンテナンス性】
 シリンダーが水平に配置されているため、燃料の供給やスパークプラグなどの点火系部品の取り回しが難しい。
そのため、メンテナンス性の面で難がある。

おわりに

 いかがだっただろうか。
水平対向エンジンとは、左右水平にシリンダーを配置したエンジンのことで、等間隔爆発が可能なエンジンであるということがおわかりいただけただろうか?
もし、水平対向エンジンを搭載した車を運転する機会があれば、乗り心地などを意識してみると何か発見があるかもしれないだろう。
この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)