ブレーキローターの交換時期とは?費用や工賃など

ブレーキローターの交換時期とは?費用や工賃など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ブレーキローターの交換
 車やトラックを安全に運転するためにはブレーキの点検を怠ってはならない。
ブレーキパッドの点検をする人は多いと思うが、あなたはブレーキローターの点検をしているだろうか?

 今回は、ブレーキローターの交換時期や、交換にかかる費用や工賃をまとめてみたので参考にして欲しい。

ブレーキローターとは

ディスクブレーキ
【円盤のようなもの】
 ブレーキローターとは、ディスクブレーキには欠かすことのできない円盤状の部品である。

 ディスクブレーキの仕組みを簡単に説明すると、ブレーキキャリパーに取り付けられたブレーキパッドが、車軸と共に回転するブレーキローターを挟み込むことで制動力を得るというものだ。

 摩耗の速いブレーキパッドに目が行きがちになるが、ブレーキローターも少しづつすり減るため、交換が必要になる。

ブレーキローターの交換時期

段が付いたローター
段が付いたローター

溝の入ったローター
溝の入ったローター
【走行距離による交換時期】
 国産車の場合、フロントブレーキで10万km、リアブレーキで15万kmを目安に交換すると言われている。
というのも、リアブレーキよりもフロントブレーキの方が制動力が強いからだ。

 しかし、フロントとリアで別々に交換するのが面倒なため、4つ同時に交換してしまう事が多いようだ。

 輸入車は国産車とは異なり、ブレーキパッドとブレーキローターが互いに摩耗しあうように設計されている事が多いため交換時期も早くなる。
よく言われているのは、ブレーキパッドを2回交換した時にブレーキローターを交換するというものだ。
運転の仕方にもよるが、およそ5万km~7万kmといってところだろう。

 ただ、輸入車好きな人の中には、ブレーキパッドを交換する毎にブレーキローターを交換するという人もいるそうだ。


【状態による交換時期】
 不具合までとは行かないが、ブレーキローターの状態があまり良くない場合には交換が必要になる。
下記のような状態になっていたら、寿命の可能性が高いため交換したほうが良い。

  • ブレーキローターの厚みが1.0mm~1.5mmほど薄くなった
  • 縁に段差が付いている
  • レコードのような溝が入っている
※ブレーキローターによっては、側面に最低厚さの記述がされているものもあるため寿命がわかりやすい。

 レコードのような溝が入ってしまっている場合には、ブレーキローターを研磨するという手段もある。
交換よりも費用が安いので検討してみるもの良いだろう。

ブレーキローターの交換費用や工賃

お金
【ブレーキパッドも交換】
 新しいブレーキローターを取り付ける場合、ブレーキパッドも新品にする必要がある。
というのも、古いブレーキパッドだと当たりが悪い可能性があるからだ。


【費用・工賃】
 ブレーキローターは、フロントとリアを合わせて¥40,000ほどで購入することが出来る。
ブレーキパッドは、フロントとリアを合わせて¥10,000しないくらいだろう。
工賃に関しては1ヶ所あたり¥4,000ほどで交換してくれる。

  • ブレーキローター(1台)
  • ブレーキパッド(1台)
  • 工賃(4ヶ所)
  • 合計
 : ¥40,000
 : ¥10,000
 : ¥16,000
 : ¥66,000

 一台交換するのに、およそ¥60,000~¥70,000ほどの費用がかかると考えておいたほうがいいだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
見落としがちになってしまうブレーキローターだが、肝心な時にブレーキが効かなくなってしまわないように交換する必要があるということがおわかりいただけただろうか?
ブレーキローターを交換しようと思った時に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)