エンジンのフラッシングは必要?効果や料金など

エンジンのフラッシングは必要?効果や料金など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
フラッシングは必要か
 ガソリンスタンドや、カー用品店なんかではエンジンのフラッシングを薦めてくることがある。
しかし、本当にフラッシングを行う必要はあるのだろうか?

 そこで今回は、フラッシングの必要性や、その効果、料金などをまとめてみたので参考にして欲しい。

エンジンのフラッシングとは

スラッジだらけのエンジン
【エンジンの洗浄】
 フラッシングは「水で洗い流す」という意味のある言葉で、簡単に説明するとエンジンの中を洗浄するということになる。

 長く使用したエンジンでは、スラッジという泥のような汚れが蓄積してしまうのだが、これを洗い流そうというものだ。
しかし、フラッシングは賛否両論あるようだ。

フラッシングが必要とされる車

フラッシングをしたエンジン
【オイル交換を怠ったエンジン】
 フラッシングはどのような車に行うべきなのだろうか?
一般的には定期的にオイル交換を行わないような車に必要と言われている。

 通常のエンジンオイルでは洗浄しきれなかった汚れがエンジンに蓄積されるため、定期的にしっかりとオイル交換をしている車両にはスラッジは溜まりにくいからだ。

 そのため、古い車種でもオイル交換をマメに行っていればエンジンの内部は綺麗であることが多い。
また、新しい年式の車種でもオイル交換を怠ればエンジンの中はチョコレートのようなどろどろとしたスラッジまみれになってしまうのだ。

効果や料金は

お金
【実際に効果はあるのか】
 汚れのひどいエンジンの場合、フラッシングをすることで確かに汚れは落ちるそうだ。
汚れたエンジンを放置してしまうと燃費が悪くなり、パワーダウンし、汚れでオイルラインが詰まってしまう。
まだ汚れが初期段階ならフラッシングの効果はあるかも知れない。

 しかし、全ての汚れが確実に落ちるわけではなく、しっかりとこびりついてしまったスラッジはエンジンを分解しなければ洗浄することは出来ない。
また、フラッシングによって落ちた汚れがオイルラインに詰まってしまう可能性があるということを忘れてはならない。
もしオイルラインが詰まってしまうとエンジンは不調になってしまい、あなたの意図しない結果になってしまうことだろう。


【料金はいくらくらい?】
 フラッシングをするには、フラッシング用のオイルと、フラッシング後に入れる新しいエンジンオイル、またオイルエレメントが必要になる。
フラッシングにかかる費用はおよそ下記のような価格になる。

  • フラッシング代
  • オイル代
  • エレメント代
  • 合計
 : ¥3,000~¥5,000
 : ¥3,000~¥5,000
 : ¥1,000~¥2,000
 : ¥7,000~¥12,000
※金額はあくまで目安として考えて欲しい

 軽自動車のような排気量の少ない車両の方がエンジンオイルの量も少ないため安上がりになる。
反対に高級セダンのような大排気量の車両の場合、エンジンオイルの量が多いため高額となる。

おわりに

 いかがだっただろうか。
フラッシングは、定期的にオイル交換を行っている車両の場合はあまりその効果が得られないためしなくてもいいだろう。
それに対し、オイル交換をさぼりがちな場合には、洗浄効果が見込める。
しかし、フラッシングを行ったことでエンジンが不調になるということもあるので、よく考えて行ったほうが良いだろう。
あなたがフラッシングをしようか考えている時に、kの記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

フラッシングは賛否両論あるようなので、やりたいんですが
どうしようか迷ってます^^;

確実に効果がある商品があるといいんですが
  • 2016/07/11 23:16
  • アリス
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)