スマートキーの電池交換方法とは?

スマートキーの電池交換方法とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートキーの電池交換
 最近の車はスマートキーを装備しているものが多く、とても便利だ。
しかし、そんなスマートキーでも電池がなくなってしまえば何の役にも立たなくなってしまう。

 そこで今回は、スマートキーの電池の交換方法についてまとめてみたので、参考にして欲しい。



スマートキーの電池が切れると

電池
【キーレスも使えない】
 スマートキーの電池が切れてしまうと、キーレスで鍵を開けることも出来なければ、プッシュスタートでエンジンをかける時も少し面倒になる。
そのため、電池が切れる前に交換を行っておきたいものだ。
しかし、電池交換をディーラーに頼むと¥1,000~¥2,000ほどの費用がかかってしまう。

 たかが電池、この際自分で交換したほうがとても安上がりだし、休日にわざわざディーラーに行く必要もなくなる。
そこで、メーカー別に電池交換の方法を下記にまとめてみたので、あなたの乗っている車のメーカーの項目を見て実践した頂きたい。

【Warning】
交換による事故などに関しては当サイトでは一切の責任を負いかねる。
自己責任の元で行っていただきたい。

【Tips】
もし、スマートキーの電池が切れてしまった場合には、こちらの記事を参考にして欲しい。
電池切れのスマートキーでの鍵の開け方やエンジンのかけ方

トヨタ車の場合

トヨタロゴ
【トヨタ】
 電池交換の方法は、どこのメーカーでも基本的には同じだ。
まずは、トヨタ車の電池交換の方法から見てみよう。

  1. まずはエマージェンシーキーを抜く
  2. スマートキーの下部にある溝にキーを差し込む
  3. 軽く差し込んだらキーをひねる
  4. ケースが2つに割れ、電池が現れる
  5. 新しい電池に交換する
  6. ケースを元に戻す

トヨタ1 トヨタ2




日産車の場合

日産ロゴ
【ニッサン】
 では、お次は日産のスマートキーの電池交換だ。
ちなみに、日産ではスマートキーのことをインテリジェントキーと呼んでいる。

  1. 細いマイナスドライバーと薄手の布を用意する
  2. スマートキーに溝があるので、布を当てながらマイナスドライバーでこじ開ける
  3. ケースが2つに割れ、電池が現れる
  4. 新しい電池に交換する
  5. ケースを元に戻す

日産1




ホンダ車の場合

ホンダ・ロゴ
【ホンダ】
 ホンダ車の場合も基本的な交換方法は変わらない。

  1. まずはメカニカルキーを取り外す
  2. 側面にある大きめな溝にコインなどを差し込む
  3. 差し込んだコインをひねってこじ開ける
  4. ケースが2つに割れ、電池が現れる
  5. 新しい電池に交換する
  6. ケースを元に戻す

ホンダ1 ホンダ2




ダイハツ車の場合

ダイハツロゴ
【ダイハツ】
 ダイハツには様々なタイプのスマートキーが存在するが、基本的にはカバーをスライドすることで交換することが可能だ。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. キーのロック部分をスライドさせた状態でカバーをスライドさせる
  3. 現れた4本のネジを精密ドライバーでネジを外す
  4. 電池が現れるので新しいものと交換する
  5. ネジを締め、カバーを取り付ける

ダイハツ1 ダイハツ2
ダイハツ3 ダイハツ4




スズキ車の場合

スズキロゴ
【スズキ】
 では、次はスズキのスマートキーを見てみよう。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. その隙間にマイナスドライバーなどを差し込む
  3. 差し込んだドライバーをひねってこじ開ける
  4. ケースが2つに割れ、電池が現れる
  5. 新しい電池に交換し、ケースを元に戻す

スズキ1 スズキ2




スバル車の場合

スバルロゴ
【スバル】
 スバル車の場合も、基本的には他のスマートキーと変わらない。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. できた隙間にキーを差し込む
  3. キーをひねってこじ開ける
  4. 基盤を取り出し、新しい電池を入れる
  5. ケースを元に戻す

スバル1 スバル2
スバル3




マツダ車の場合

マツダロゴ
【マツダ】
 では、マツダのスマートキーの電池交換を見てみよう。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. そこにできた隙間にマイナスドライバーなどを差し込む
  3. 差し込んだドライバーをひねってこじ開ける
  4. 黒い電池カバーを取り外すと電池が現れる
  5. 新しい電池に交換してケースを元に戻す

マツダ1 マツダ2




ベンツの場合

ベンツロゴ
【メルセデス・ベンツ】
 さて、国産車の場合はほとんどが同じ手順で電池交換を行ったが、輸入車の場合はどうだろうか?
そこでベンツのスマートキーの電池交換を見てみよう。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. そこにできた隙間にキーを差し込む
  3. 差し込んだキーをひねってこじ開ける
  4. カバーが外れ、電池が現れる
  5. 新しい電池と交換してカバーを取り付ける

ベンツ1 ベンツ2
ベンツ3




BMWの場合

BMWロゴ
【BMW】
 さて、最後はBMWのスマートキーだ。
こちらは動画はないため、画像のみでの説明となる。

  1. エマージェンシーキーを引き抜く
  2. そこに出来た隙間にキーを差し込む
  3. キーをひねることでカバーが外れる
  4. 新しい電池と交換して、カバーを元に戻す

BMW1 BMW2


おわりに

 いかがだっただろうか。
メーカーによってスマートキーの形状などは異なるが、電池交換に関しては、基本的に似たような手順で行うことができる。
もし、あなたのスマートキーの電池がなくなったら自分で交換してみてはどうだろうか。
その際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)