電池切れのスマートキーでの鍵の開け方やエンジンのかけ方

電池切れのスマートキーでの鍵の開け方やエンジンのかけ方

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
電池切れのスマートキー
 鍵を取り出さなくて済む、とても便利なスマートキー。
そんなスマートキーでも電池が切れてしまうことをご存知だろうか?

 そこで今回は、スマートキーの電池が切れてしまった時の鍵の開け方や、エンジンのかけ方についてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

ドアの鍵の開け方

メカニカルキーを引き抜く
【スマートキー内臓の鍵を使う】
 普段は、かばんやポケットにスマートキーをしまっておいても、ドアのボタンを押すだけで施錠・解錠ができるが、電池切れのスマートキーの場合にはこれらが出来なくなってしまう。
ある朝に、車に乗ろうと思ったら電池が切れて鍵が開かなくなってしまった...という事もあるのだ。

 しかし、慌てる必要はない。
意外と知らない人もいるようなのだが、実はスマートキーには鍵が内蔵されているのである。

 スマートキーを良く見てみると、画像のようなツメを外すためのボタンの様な物が付いており、これを横にズラすことで鍵が引き抜けるのである。
とりあえず、この鍵があればドアを解錠することができる。


【盗難防止装置の警報に注意】
 ただ、この方法では一つ問題がある。
それは、盗難防止装置だ。

 おそらく、スマートキーを搭載する全ての車両には盗難防止装置が付いており、キーレスで施錠したものをキーシリンダーで解錠すると警報が鳴ってしまうのである。
そのため、なるべくなら夜中ではなく、昼間に行ったほうがいいだろう。

【Tips】
警報が鳴ってしまった場合の対処ほうについては、こちらの記事を参考にして欲しい。
車の盗難防止装置の警報の止め方とは?


エンジンのかけ方

スマートキーとプッシュスタートスイッチ
【プッシュスタートスイッチ】
 スマートキーが搭載されている車両では、プッシュスタートスイッチを採用している場合が多い。
キーシリンダーがないため、もちろん先ほどのように鍵でエンジンをかけることは出来ない。

 そんな時は、スマートキーをプッシュスタートスイッチに接触させることで、スマートキーを認識するのだ。
例えば、トヨタ車の場合ならスイッチが緑色に点灯するので、そのままブレーキを踏み、スイッチを押すことでエンジンをかけることが出来る。


【キーシリンダーがある場合】
 少し前の日産車等の場合は、キーシリンダーに鍵を指すことが出来るようになっているので、スマートキー内臓の鍵でエンジンをかけることが出来るはずだ。
※ちなみに、スマートキーに内蔵されている鍵のことをメカニカルキーやエマージェンシーキーと呼ぶようだ。

 メカニカルキーにイモビライザーのチップが内蔵されていない場合には、プッシュスタートスイットの時と同様に、キーシリンダーにスマートキーを接触させながらキーを回そう。

スマートキーの電池切れに関する動画

 この動画は、スマートキーの電池が切れてしまった時の対処法を解説している動画だ。
映像を見たほうが素早く理解することが出来るかもしれない。

おわりに

 いかがだっただろうか。
とても便利なスマートキーだが、電池がなくなってしまうと一気に不便に感じてしまうだろう。
取扱説明書には「電池の交換はディーラーまで」などと書いてあるが、意外と簡単に交換できるものなので、車いじりが好きな方は自分で交換してみるのも良いだろう。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)