【財産】軽自動車の購入に印鑑証明が不要な理由とは?

【財産】軽自動車の購入に印鑑証明が不要な理由とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
軽自動車のナンバー
 普通車を購入する際には印鑑証明が必要となるが、実は軽自動車の購入には不要であることをご存知だろうか?

 そこで今回は、なぜ軽自動車には印鑑証明が必要ないのかということについてまとめてみたので、購入の際の参考にして欲しい。


              
                                                           

軽自動車は法的には財産扱いされない

スズキ・キャリイ
【普通車】
 普通車の登録には、印鑑証明と実印が必要になる。
なぜなら、普通車はその所有者を国に登録する必要があるからだ。
そうすることで、法的にも個人の所有物として認められるのである。
普通車のナンバーに封印を付けるのも、ちゃんと登録された車であることを証明するためだ。

 所有者が亡くなった際に普通車を相続するには、被相続人の除籍謄本や相続人の戸籍謄本などが必要になってくる。
感覚的には不動産などの財産と同じ扱いになるというわけだ。


【軽自動車】
 一方、軽自動車に関しては、所有者を国に「登録」するということはない。
そのため、印鑑証明や実印も不要なのである。

 普通車は名義変更の際に「登録」というが、軽自動車は「届出」という表現を使用するのはそのためなのだ。
相続に関しても、通常の名義変更と同じように簡単に行うことが出来る。
また、自動車税に関しても、都道府県に納税する普通車とは異なり、軽自動車の場合は登録者の市町村に納税しているのである。

 また、普通車の登録を行う際には、ほとんどの地域で車庫証明が必要になる。
しかし、軽自動車は、多くの地域で車庫証明がなくても名義変更を行うことが出来るのだ。
※法律的には、車庫証明の取得が必要

 こういったことからも、軽自動車は法的には財産としての扱いをされていないのである。
だが、軽自動車でも差し押さえの対象にはなるという事は覚えておこう。

軽自動車の名義変更の手続き

軽自動車
【必要書類】
 軽自動車の届け出の際に必要となる書類は、下記の通りだ。

  • 自動車検査証
  • 新所有者の住民票
  • 新所有者の認印
  • 旧所有者の認印

 これらの他にも記入用紙などがあるが、基本的にはこれらの書類が揃っていれば簡単に名義変更を行うことが出来る。
しかし普通車の場合は、新所有者と旧所有者の実印、印鑑証明や車庫証明などが必要となるため、多少面倒な手続きとなる。

おわりに

 いかがだっただろうか。
軽自動車の届け出に印鑑証明が不要なのは、軽自動車が法的には財産という扱いを受けていないからということがおわかりいただけただろうか?
また、法的に財産としての登録がされていないだけであって、もちろん相続などは行うことが出来る。
維持費も安く、手続きもとても簡単な軽自動車は魅力がたくさんある。
あなたが軽自動車の購入の際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)