衝突安全ボディとは?保険料も安くなる?

衝突安全ボディとは?保険料も安くなる?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
衝突安全ボディとは
 自動車には様々な安全装置を装備していることはあなたもご存知だろう。
しかし、いくら安全装置を増やしても残念ながら交通事故がなくなることは考えにくい。

 万が一の事故のために、衝突安全ボディを採用している車種はかなり多い。
そこで今回は、衝突安全ボディとはどのようなものなのかについてまとめてみた。

衝突安全ボディとは

衝突試験をした自動車
【衝撃を軽減するための車体】
 衝突安全ボディとは、衝突を起こした際に車体が潰れることで車内への衝撃を軽減するというものである。

 基本的には、潰れることで衝撃を軽減する「クラッシャブルゾーン」と、車内の人を守るための「セーフティゾーン」に分かれている。
この両方が上手く機能することで、衝突時の衝撃を少なくする事が出来るのである。
これらは主に、前後に衝突した際に効果が発揮されるものだ。

 側面においてはクラッシャブルゾーンを確保することが難しいため、ドアを分厚いものにすることで車内への衝撃を減らしている。
さらに、衝突後でも乗員がドアを開くことができるようにも作られている。


【オフセット衝突】
 衝突事故を起こす場合、壁などに綺麗に正面衝突する事は少なく、正面衝突とは少しずれたオフセット衝突がほとんどである。
※フロント右側だけ、フロント左側だけのような状態

 正面衝突より、オフセット衝突の方が自動車への衝撃が複雑になる。
そのため、日本の安全基準では、衝突試験を行う際に、正面衝突とオフセット衝突の両方を試す必要があるのだ。


【歩行者にも優しく】
 また、衝突安全ボディは車内だけではなく、歩行者の頭部の保護も考慮されて設計されているのをご存知だろうか?
衝突の際に、ボンネットなどが変形したり、衝撃の少ない素材に変更することで歩行者への衝撃を軽減させているのだ。


【各自動車メーカーの名称】
 衝突安全ボディは、自動車メーカーによってその呼び名が以下のように変わる。

[衝突安全ボディの名称]
  • トヨタ:GOA(Global Outstanding Assessment)
  • 日産:ゾーンボディ、FLプラットホーム、FMプラットホーム
  • ホンダ:全方位衝突安全設計ボディ、G-CON、ACO、ACE
  • マツダ:MAGMA(マグマ)
  • 三菱:RISE(ライズ)
  • スバル:クラッシュセイフ・ボディ、全方位衝突安全強化ボディ
  • スズキ:SSIS、TECT
  • ダイハツ:TAF
  • 日野自動車:EGISキャブ
  • いすゞ自動車:高剛性キャブ
  • 三菱ふそう:FUSO RISE

衝突安全ボディ搭載車に乗ると保険料が安くなる?

お金
【衝突安全ボディ割引】
 任意保険に加入する際には、さまざまな割引があることはご存知だろうか?
例えば、運転者がゴールド免許ならゴールド免許割引が、エアバッグ搭載車ならエアバッグ割引などがある。

 そんな割引の中に、衝突安全ボディ割引というものがあるのだ。
衝突安全ボディを採用している車両の場合、およそ10%の割引を受けることができるのである。
※保険会社によってもことなるので、要確認

衝突安全ボディに関する動画

 この動画は、ダイハツの衝突安全ボディであるTAFのCMである。
1990年代の後半には、このようなCMが他にも放送されていた。

おわりに

 いかがだっただろうか。
衝突安全ボディとは、乗員だけでなく、歩行者への衝撃も考慮されて設計されている車体のことである事がわかっただろう。
また、任意保険も安くなる場合が多いので、自動車の購入を検討されているなら、衝突安全ボディを採用しているものが望ましいだろう。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)