車のカプラーやハーネスとは?

車のカプラーやハーネスとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
カプラーやハーネスとは
 車をカスタムする際によく聞く言葉がある。
カプラーとハーネスだ。

 このカプラーとハーネスが一体どのようなものなのかを知らないという方も多いのではないだろうか?
そこで今回は、カプラーとハーネスについてまとめてみたので参考にして欲しい。

カプラーとは

カプラー
【配線を繋ぐためのコネクター】
 カプラーとは、いくつかの配線を同時に接続することができるコネクターのことだ。
これにより、複数の配線を接続したり、切り離したりすることが容易に行うことが出来るのである。

 基本的に自動車で使用されているカプラーは、他のカプラーと挿し間違えないようにそれぞれが異なる形状をしている。
何かを自作する際には、カー用品店で汎用のカプラーを購入することが出来る。


【ピンの数】
 配線の先端にピンを装着し、そのピンをカプラーに取り付けるのだが、カプラーには取付可能なピンの数が決まっている。
そのため、自作する際には、用途に応じて2ピン用、4ピン用などを用意する必要がある。


【トレーラーとトラクターヘッド】
 実は、トレーラーとトラクターヘッドを連結させる部分(第五輪)もカプラーと呼ぶのだが、車をカスタムする人にはあまり知られていないかもしれない。


【Tips】
トレーラーとトラクターの連結に関しては、こちらの記事を参考にして欲しい。
トレーラーの連結の仕組みと方法

ハーネスとは

ハーネス
【配線を束ねたもの】
 ハーネスとは、複数の配線を束ねた状態のものであり、正式にはワイヤーハーネスと呼ぶ。
主に、ビニールテープなどでまとめられるものを指すことが多いが、カプラーに配線が取り付けられた状態をハーネスと呼ぶことも多い。

 束ねる配線に関しては、取り付けなどのことを考慮して色分けされている事がほとんどである。
また、複数のカプラーをまとめる際にも、色付きのカプラーを用いる事が多い。

カプラーやハーネスが必要になる場面

オーディオ周りのカプラーとハーネス
【オーディオ交換やカーナビ交換】
 車をカスタムする人で、カプラーやハーネスという用語を聞く場面のほとんどが、オーディオやカーナビ交換の際ではないだろうか?

 特にオーディオ交換は、車いじりの入門的な位置付けであるが、別途ハーネスを用意しなくてはならないことも多いため、嫌でも耳にするはずだ。

 純正のオーディオから、社外のオーディオにするためには、自動車メーカーのオーディオ用ハーネスが別途必要になる。
というもの、自動車メーカーによって、純正オーディオに取り付けられているカプラーの形状が異なるからだ。

 純正オーディオ用のカプラーと、別売りハーネスのカプラーを接続し、別売りハーネスのギボシ端子を社外オーディオのハーネスのギボシ端子に接続するという流れになる。


【電装品のほとんど】
 また、オーディオやカーナビだけではなく、自動車の電装品のほとんどがカプラーとハーネスで接続されている。
これらは、自動車にとって無くてはならない存在なのだ。

おわりに

 いかがだっただろうか。
カプラーとは、接続するためにコネクター部分のことであり、ハーネスとは、配線を束ねたものであることがおわかりいただけただろうか?
オーディオなどを交換する際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)