オーバーステアとは?対策や対処法など

オーバーステアとは?対策や対処法など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
オーバーステアとは?
 普段通りに運転していれば、起こることは滅多にないが、カーブを走行中に思ったよりも内側に旋回してしまうことはないだろうか?
このような状態をオーバーステアと呼ぶのである。

 そこで今回は、なぜオーバーステアが起こるのか、またオーバーステアの対策や対処法などについてまとめてみたので参考にして欲しい。


              
                                                           

オーバーステアとは

オーバーステアの概要
【思い描く軌道を内回りしてしまうこと】
 オーバーステアとは、旋回時にあなたが思い描いた軌道よりも内側に入り込んでしまうことを指す用語である。
特に、濡れた路面や、後輪駆動(FR、MR、RR)の車両に起こりやすい。

 速度が速い状態でカーブを走行した際に、横方向にかかる力(旋回する力)が縦方向にかかる力(前進する力)に負けてしまうために、車両の後方が振られてしまい、オーバーステアしてしまう。
レースなどでは「ルーズ」と呼ぶこともある。


【オーバーステアの危険性】
 オーバーステア傾向で旋回した際、最も危険とされているのが車両がスリップしてしまうことだ。

 サーキットなどで運転するような人なら、オーバーステアしてしまってもすぐに対処することができるが、一般的な人なら慌ててしまい車両をスピンさせ、事故の原因となることも少なくないだろう。

 一般的には、アンダーステア(旋回時に外回りする)方が対処しやすいため、自動車メーカーでは多少アンダーステア傾向となるように車両設計をしていることがほとんどのようだ。


【Tips】
最近では、オーバーステアやアンダーステアを防ぐための装置として横滑り防止装置を搭載した車両が増えている。
詳しくは、こちらの記事を参考にして欲しい。

オーバーステアの対策や対処法

車の足回り

オーバーステアの対処法


【カウンターステアをあてる】
 サーキットでも走行しない限り聞く機会はないと思うが、オーバーステアになったと感じたらカウンターステアをあてることで対処することができるようだ。

 カウンターステアとは、簡単に説明するとハンドルを反対に切ることで、右に旋回していてオーバーステアが出てしまったら、左にハンドルを切るということになる。
あまり難しいことを考えずとも、右に巻き込んでしまっているのだから自然と左にハンドルを切りたくなるだろう。

 また、この際の注意点はブレーキを踏まない事だ。
ブレーキを踏んでしまうと縦方向の力(前進する力)がなくなってしまうので、スピンしやすくなってしまうのである。
同様にアクセルも離さない方が良い。


【Tips】
カウンターステアについてはこちらの記事で詳しく書いたので参考にして欲しい。
雪で車がスリップしたらどうするか?対処法など



オーバーステアの対策


【空気圧の調整】
 後輪のグリップ力が弱いとオーバーステアが出てしまう。
そのため、後ろのタイヤの空気圧を少し下げることで、地面への接地面が増え、グリップ力を増すことが出来るのである。

 反対に前輪の空気圧を高くすることも有効とされている。


【サスペンションの調整】
 また、フロントの荷重が重いとリアのグリップ力が弱くなってしまうが、サスペンションの調整によって多少は調整することが可能だ。

 というのも、フロントの車高を高く、リアの車高が低くなるようにセッティングすることで、よりリアに荷重をかけることができるのである。


【Warning】
これらの調整を行うことで、メーカーの設計値とは異なってしまうので、思わぬ挙動を起こしかねない。
セッティングする際は、自己責任の元で知識のある人と共に行って欲しい。

オーバーステアに関する動画

この動画は、オーバーステアが出ながらもカウンターステアをあてながら見事に走行している様子を撮影したものである。



おわりに

 いかがだっただろうか。
オーバーステアとは、カーブを曲がる際に、思い描いた軌道よりも内側に回りこんでしまう状態であるということがおわかりいただけただろうか?
また、カウンターステアをあてることである程度は対処することが出来る。
オーバーステアについて、この記事が少しでも参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)