車検に通るポジションランプ(車幅灯)とは?色やLEDは?

車検に通るポジションランプ(車幅灯)とは?色やLEDは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
車検に通る車幅灯とは
 車やトラックをカスタムする際に、誰でも比較的簡単に行う事が出来るのがポジションランプ(車幅灯)の変更だ。
しかし、自分で行ったカスタムが果たして車検に通るのかと不安になることも多い。

 そこで今回は、車検に通るポジションランプとはどのようなものなのかをまとめてみたので、参考にして欲しい。

車幅灯の保安基準

車の説明をする整備士
【色や明るさなど】
 ポジションランプの正式名称は車幅灯と言い、基本的には車の前後の外側に付けるランプである。
また、スモールランプなどと呼ばれることも多い。

 そんなポジションランプは、保安基準によってその明るさや色などが定められているのだ。

1 車幅灯は、夜間にその前方300mの距離から点灯を確認できるものであり、かつ、その照射光線は、他の交通を妨げないものであること。
この場合において、その光源が5W以上で照明部の大きさが15cm2以上(平成18年1月1日以降に製作された自動車に備える車幅灯にあっては、光源が5W以上30W以下で照明部の大きさが15cm2以上)であり、かつ、その機能が正常な車幅灯は、この基準に適合するものとする。

2 車幅灯の灯光の色は、白色であること。
ただし方向指示器、非常点滅表示灯又は側方灯と構造上一体となっているもの又は兼用のもの及び二輪自動車、側車付二輪自動車並びにカタピラ及びそりを有する軽自動車に備えるものにあっては、橙色であってもよい。

道路運送車両の保安基準


 上記の他にも、車体の外側から400mm以内の位置になければならないなどの決まりがあるが、ここでは省略させていただく。
詳しく知りたい方は、上記の車両運送車両の保安基準で確認することができる。

 上記の保安基準の要点をまとめると下記のようになる。

[車幅灯の保安基準]
  • 夜間に300mの位置から確認できること
  • 交通を妨げるほど眩しくないこと
  • 5W以上(車種により30W以内)の電球を使用すること
  • 白色であること(ウインカーと併用の場合は橙色でも可)

 光源の種類に関しては記述されていないため、LEDなどでも車検には通るということになる。

【Tips】
ウインカーとポジションランプを併用するカスタムのことをウインカーポジションなどと言う。
こちらの記事で詳しく記述している。
ウインカーポジションとは?車検には通る?

車検に通るポジションランプについて

【様々なポジションランプ】
 ポジションランプとは言っても、色々な種類ものがある。
そこで、街でも良く見かけるポジションランプの画像を集めたので、それぞれ車検が通るものかを検証してみよう。

白LEDポジションランプ
白色LED電球
LEDでも白色なら車検に通る
青LEDポジションランプ
青色LED電球
青色では車検には通らない

紫ポジションランプ
紫色LED電球
もちろん紫色も車検には通らない
ウインカーポジション
ウインカーポジション(橙色)
橙色でもウインカー併用なら車検に通る

白イカリングポジションランプ
白色イカリング(CCFL)
CCFL(通称イカリング)でも車検には通る
青イカリングポジションランプ
青色イカリング(CCFL)
イカリングでも白色以外では車検に通らない


おわりに

 いかがだっただろうか。
一口にポジションランプと言ってもカスタムの仕方はたくさんあるということがわかっただろう。
しかし、白色でなければ車検に適合しない(LEDでも白色なら適合する)ということを忘れずに車いじりを楽しんで欲しい。
スモールランプを変更する際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)