アンダーステアとは?その対策や解消法など

アンダーステアとは?その対策や解消法など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
アンダーステアとは
 車を運転中、カーブに差し掛かったが思ったよりも車が曲がらなかったという経験をしたことはないだろうか?
そのような状態をアンダーステアというのだ。

 今回は、アンダーステアとはどのような状態なのか、またアンダーステアの対策や解消法などをまとめてみたので、参考にして欲しい。

アンダーステアとは

アンダーステア
【軌道よりも大回りしてしまうこと】
 先ほども少し触れたが、アンダーステアとは旋回する際に自分が思い描いた軌道よりも外側へ大回りしてしまう状態を指す用語である。
アンダーステアは、駆動軸が前輪であるFF車や4WDによく見られる。

 速い速度でカーブに差し掛かった際に、タイヤのグリップ力(摩擦力)よりも車体の遠心力が勝ってしまい、外回りしてしまうのだ。
レースなどにおいては「タイト」や「プッシュ」と呼ぶこともある。

【アンダーステアの危険性】
 車両の速度が速すぎてアンダーステア傾向の旋回をすると、車道の外側へと飛び出してしまい、事故の原因ともなる。
それが山道や峠だった場合には、車両が転落してしまうことも考えられる。

 しかし、運転手が速度を落とすことで、比較的容易にこのような事態を免れる事ができるため、各自動車メーカーではわずかにアンダーステア傾向に車両を設計することが多い。

【Tips】
アンダーステア状態を防ぐための横滑り防止装置を搭載した車が増えてきている。
横滑り防止装置については、こちらの記事を参考にして欲しい。
【義務化】車の横滑り防止装置(ESC)の仕組みとは?

アンダーステアの対策や解消法

タイヤを見る整備士
【車両速度を落とす】
 アンダーステア対策の基本は、車両の速度を落とす事だ。
車両の速度を落とせば、グリップ力が遠心力に勝るため、思い通りの軌道でカーブを曲がることができる。

 しかしサーキットなどでの走行を楽しみたい人の場合には、速度を落とさずにアンダーステアを防ぎたいはずだ。


【空気圧の調整】
 アンダーステア傾向を解消する方法の1つに、タイヤの空気圧を調整するというのもがある。

 フロントの空気圧を下げる、もしくはリアの空気圧を上げることでアンダーステア傾向を多少は解消することができるようだ。
フロントの空気圧が下がることで、路面への接地面が増えるためグリップ力が増すのである。


【サスペンションの調整】
 サスペンションを調整することでもアンダーステア対策をとることができる。

 フロントのサスペンション(スプリング)を柔らかく、リアのサスペンションを硬くすることで、フロントタイヤへのグリップ力を増やすのだ。
また、フロントの車高を下げ、リアの車高を上げることでも同様にフロントのグリップ力が増すそうだ。

【Warning】
これらの調整を行うことで、メーカーが設計したセッティングとは異なってしまうため、車両に不具合が生じる可能性もある。
そのため、調整を行う際には知識のある人と共に自己責任で行って欲しい。

アンダーステアに関する動画

 この動画は、コーナーでアンダーステアになってしまい、バランスを崩している様子を撮影したものである。



おわりに

 いかがだっただろうか。
アンダーステアとは、旋回時に思い描いた軌道よりも大回りをしてしまうことであるという事がおわかりいただけただろうか?
また、対策としては速度を落とすことが有効だが、サスペンションなどを調整することでもアンダーステアを解消することが出来る。
アンダーステアに関して、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)