【義務化】衝突被害軽減ブレーキとは?その効果など

【義務化】衝突被害軽減ブレーキとは?その効果など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
衝突被害軽減ブレーキ
 運転中に、前方の車両が減速しているのに気付かず、危なく衝突事故を起こしそうになった...
そんな経験があなたにはないだろうか?

 そうした事故を防ぐため、最近では衝突被害軽減ブレーキという装置を搭載した車が多く生産されている。
そこで今回は、衝突被害軽減ブレーキについてまとめてみた。


              
                                                           

衝突被害軽減ブレーキについて

衝突被害軽減ブレーキの仕組み

衝突被害軽減ブレーキとは


【衝突事故による被害を軽減する】
 衝突被害軽減ブレーキとは、車両が前方車両に接近したことを検知して衝突に備えるという装置のことである。
車両が衝突しそうな状態になると、運転者に警告音でブレーキ操作を促し、それでもブレーキを踏まなかった場合には自動で制動するというものだ。
衝突の前には、シートベルトの巻き上げなどの事前準備なども行われることからも、アクティブセーフティとパッシブセーフティの中間的な装置であるという認識をされている。
また、プリクラッシュセーフティシステムと呼ばれることも多い。

 また、自動ブレーキによる制動は行われるが、衝突被害の軽減を目的としているため、基本的に停止するまでには至らないというものが多い。
運転者の補助という位置付けであることから、車両を販売する際にはメーカーから「衝突した際の責任は全て運転者にあるものとする」といった旨の説明も受けるそうだ。


【仕組み】
 車両の前方に取り付けられたレーダーなどから前方車両までの距離と速度を取得することで、衝突しそうな状況であるかを判断し、警告をする。
レーダーには、ミリ波レーダーというものを使用するが、赤外線やカメラなどを利用することもある。
また、カメラとミリ波レーダー、赤外線などを併用する場合もある。

[衝突被害軽減ブレーキの方式]
ミリ波レーダー方式
ミリ波レーダー方式とは、ミリ波という電磁波によって前方にある障害物を検知する仕組みだ。
より遠くの障害物まで検知できるが、その障害物がどのような形状であるか、などといった細かいことを識別するのは苦手である。
赤外線レーザー方式
赤外線レーザー方式とは、赤外線を飛ばし、返ってきた赤外線によって前方に障害物があるのかを検知することが出来る。
コストがかからないというメリットがあるが、障害物の詳細を識別するのは苦手で、直射日光により作動しないこともある。
カメラ方式
カメラ方式とは、車両に備えたカメラが前方を撮影し、障害物を検知することが出来る。
障害物が歩行者であるかどうかなどの詳細も判断することができるだけでなく、クルーズコントロールや車線逸脱警報機能と併用することも出来る。
ただ、夜間や逆光など、視界が悪い状態だと精度が落ちる。

 また、最近では自動ブレーキによる「停車」を可能としたものも開発されており30km/h以下の速度なら停車することができるスバル「EyeSight(アイサイト)」や、15km/h以下の速度なら停車することのできるボルボ「Volvo City Safety」などがある。


【各社の名称】
 今では様々なメーカーが被害軽減ブレーキを取り入れているが、メーカーによって呼称が異なるので、まとめてみた。

[被害軽減ブレーキの呼称]
トヨタ
  • プリクラッシュセーフティシステム
  • 衝突回避支援型プリクラッシュセーフティシステム
  • スマートアシスト
ダイハツ
  • プリクラッシュセーフティシステム
  • スマートアシスト
スズキ
  • プリクラッシュセーフティシステム(PRECRS)
  • レーダーブレーキサポート
  • レーダーブレーキサポートⅡ
ホンダ
  • 追突軽減ブレーキ(CMBS)
  • 進化型CMBS
  • シティブレーキアクティブシステム
日産
  • インテリジェントブレーキアシスト
  • エマージェンシーブレーキ
スバル
  • EyeSight(iSight)
  • トマールレーダー
マツダ
  • スマートシティブレーキサポート(SCBS)
  • スマートブレーキサポート
  • レーダーブレーキサポート
三菱
  • 衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)
UDトラックス
  • トラフィックアイブレーキ
日野
  • プリクラッシュセーフティ(PCS)
いすゞ
  • VAT
  • ミリ波レーダーセーフティテクノロジー
三菱ふそう
  • 衝突被害軽減ブレーキ(AMB)



期待される効果


【死亡事故が8~9割少なくなる】
 乗用車と大型トラックを比較した場合、追突死亡事故は、大型トラックの方が12倍近くも多い。
しかし、これらの大型トラックに衝突被害軽減ブレーキが搭載されることで、衝突による死亡事故は8~9割は少なくなるほどの効果が見込まれているようだ。

 実は、すでにトラックへの衝突被害軽減ブレーキの義務化が決定しているのである。

トラックにおける衝突被害軽減ブレーキ装着の義務化

三菱ふそう・スーパーグレート
【義務化の内容】
 トラックでは、衝突被害軽減ブレーキ装着を義務化が決定しているのだが、2014年2月からはより性能の高い衝突被害軽減ブレーキの装着を義務化することが決まったようだ。

[衝突被害軽減ブレーキの義務対象]
車両総重量22t以上のトラック
  • 新型車:2014年11月以降
  • 継続車:2017年9月以降
車両総重量20t~22tのトラック
  • 新型車:216年11月以降
  • 継続車:2018年11月以降
車両総重量13t以上のトラクタ
  • 新型車:2014年11月以降
  • 継続者:2018年9月以降

[高性能衝突被害軽減ブレーキの義務対象]
車両総重量22t以上のトラック
  • 新型車:2017年11月以降
  • 継続車:2019年11月以降
車両総重量20t~22tのトラック
  • 新型車:2018年11月以降
  • 継続車:2020年11月以降
車両総重量8t~20tのトラック
  • 新型車:2018年11月以降
  • 継続車:2021年11月以降
車両総重量3.5t~8tのトラック
  • 新型車:2019年11月以降
  • 継続車:2021年11月以降

おわりに

 いかがだっただろうか。
衝突被害軽減ブレーキとは、あくまでも衝突の被害を軽減するための装置であり、衝突そのものを自動で防ぐものではないということがおわかりいただけただろうか?
また、トラックにおいては、衝突被害軽減ブレーキを義務化することで衝突による死亡事故を8~9割ほど少なくするだけの効果が見込まれているのである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)