【空転防止】トラクションコントロールの仕組みとは?

【空転防止】トラクションコントロールの仕組みとは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
トラクションコントロールとは
 車の装備の中にトラクションコントロールというのもがあるのをご存知だろうか?
最近では乗用車だけでなく、トラックなどの大型車両への搭載も増えてきている。

 そこで今回は、トラクションコントロールとはどういったものなのか、その仕組などについてまとめてみたので参考にして欲しい。

トラクションコントロールとは

後輪が空転する車
【タイヤの空転を防止】
 トラクションコントロールとは、急加速や、雨の日などでの急ハンドルなどを行った際に生じるタイヤの空転(スリップ)を防止するための装置だ。

 タイヤが空転してしまうと、無駄に燃料を消費してしまうだけでなく、車両が不安定になってしまい事故の原因にもなり兼ねない。
そのため、車両の安全性能を向上させるために開発されたのがトラクションコントロールなのである。


【呼び名も様々】
 一般的には、トラクションコントロールはTCS(Traction Control System)と呼ぶ事が多いが、メーカーによっては、TRC(TRaction Control)やTCL(Traction ControL)と表記することがある。

 また、アンチスリップレギュレーション(ASR)と呼ぶこともある。

トラクションコントロールの仕組みとは

TCSのスイッチ
【タイヤの空転を検知】
 トラクションコントロールはどのような仕組みで動作しているのだろうか。

 まず、それぞれのタイヤには車輪の速度を計測する車速センサーが取り付けられている。
それぞれの車輪速度を検知した車速センサーの情報をECU(コンピューター)が計測し、車速に差異があれば空転状態であると判断するのだ。


【燃料をカット】
 ECUによってタイヤが空転している、あるいは空転しそうだと判断した場合、エンジンへの燃料の供給を制限するのだ。
それにより、駆動力を抑え、結果的には空転を防止することが出来るのである。


【ぬかるみなどでは】
 雪やぬかるみにはまってしまった場合、タイヤを空転させることで脱出可能なことがあるが、トラクションコントロールが効いている状態だと、タイヤを空転させる事ができない。

 そういった場合の想定して、トラクションコントロールにはONとOFFを切り替えることが出来るスイッチを備えているのである。
めったなことがなければOFFにする機会は無いと思うが、ぬかるみにはまってしまった際にはトラクションコントロールをOFFにするというのを覚えておいたほうがいいだろう。

トラクションコントロールに関する動画

 この動画は、各メーカーでのトラクションコントロールの性能を比較実験を撮影したものだ。
メーカーによって効きの良いトラクションコントロールとそうではないものがあることがわかる。


おわりに

 いかがだっただろうか。
トラクションコントロールとは、車のスリップを防止するための装置であり、車速センサーやECUなどによって燃料を制御する仕組みになっているということがおわかりいただけただろうか?
最近の車にはトラクションコントロールが付いている物も多いため、これから車やトラックを購入する際にはトラクションコントロールを搭載したものを検討するのもいいだろう。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)