ポンピングブレーキとは?やり方など

ポンピングブレーキとは?やり方など

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
ポンピングブレーキとは
 教習所でポンピングブレーキというブレーキのテクニックを学んだのを覚えているだろうか?
ABS車の登場でポンピングブレーキを活用する機会は減ったが、ある状況においてはまだまだ行うべきブレーキングだ。

 そこで今回は、ポンピングブレーキのやり方や、その意味などについてまとめてみた。


              
                                                           

ポンピングブレーキとは

後続車への合図
【タイヤをロックさせないブレーキング】
 ポンピングブレーキとは、停止するためにブレーキを何度かに分けて踏むというブレーキテクニックだ。
何度かに分けて踏むことでいくつかの意図がある。

 まずは急ブレーキでのタイヤのロックを防ぐという目的だ。
一気にブレーキをかけてしまうとタイヤがロックしてしまい、車体を制御することが出来なくなってしまう。
また、スリップしてしまうと、制動距離が伸びてしまう場合が多いのだ。

※これに関しては、ABSを搭載している車両の場合、ポンピングブレーキを行う意味はほとんどない。

【Tips】
ABSに関してはこちらの記事を参考にして欲しい。
車のABSの意味とは?


【後続車へのブレーキの合図】
 自分の車が停止することを後続車へとアピールする目的でポンピングブレーキを行うこともある。

 何度かブレーキランプを点滅させることで「前方の車が止まる」ということを後続車に合図するのだ。
そうすることで、追突されてしまうといった事故を減らすことが出来る。

 主に、教習所では後続車への合図としてポンピングブレーキを習ったのではないだろうか?


【ベーパーロック現象を防ぐ】
 峠などで長い下り坂を走行する際に、ブレーキを踏み続けてしまう人がいるが、それはベーパーロック現象の原因になる。

 ベーパーロック現象とは、ブレーキオイルが高熱になることで気泡が生じ、油圧の効きが悪くなりブレーキが効かなくなってしまう現象のことだ。

 このベーパーロック現象を防ぐには、エンジンブレーキを多用させることと、ポンピングブレーキを活用することだ。
ポンピングブレーキを行うことで、ブレーキの熱を極端に高熱にさせずに、かつ何度も踏み直すことでブレーキオイルをたくさん送り込んで制動力を保つのだ。

ポンピングブレーキのやり方

ポンプの要領で
ポンプの要領でブレーキ
【タイヤをロックさせない目的の場合】
 なるべく短い制動距離で停車したい場合には、タイヤがロックするかしないかギリギリのところでブレーキを踏む必要がある。

 この場合のポンピングブレーキのやり方は、しっかりとブレーキを掛けて、タイヤがロックしたのを感じたらほんの少しだけブレーキを緩めてロックを解除するのだ。
ロックが解除されたらまたブレーキを踏み込むというのを繰り返すのである。

 慣れないと難しいかもしれないが、ABSを搭載していない車を運転する場合には役立つテクニックとなる。


【後続車への合図の場合】
 自分の運転する車が制動することを後続車へ合図するためにポンピングブレーキを行う場合、ブレーキを踏んで離してというのを5回程行ってから、しっかりとブレーキをかけるのだ。
特に難しいことではないので、だれでも簡単に行うことが出来るはずだ。

ポンピングブレーキに関する動画

 この動画は、前方の車がポンピングブレーキを行っているのを撮影したものだ。
数回に分けて踏むことで、後続車への注意をうながすことが出来る。


おわりに

 いかがだっただろうか。
ポンピングブレーキにもいくつかの意図があるということがおわかりいただけただろうか?
教習所を卒業してしまうとポンピングブレーキなんて忘れてしまう方も多いと思うが、必要だと感じた時にはポンピングブレーキを実行してみて欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)