車のABSの意味とは?

車のABSの意味とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
車のABSの意味とは?
 車やトラックのカタログなどを見ているとABS搭載などと書かれていることがあるが、そもそもABSがどのようなものかを知らない人も多いのではないだろうか?

 そこで今回は車のABSの意味についてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

ABSとは?

ABSなら障害物を回避できる
【アンチロックブレーキシステム】
 ABSというのは、アンチロックブレーキシステム(Antilock Brake System)の略称であり、ブレーキを強く踏み込んだ際にブレーキがロックしてしまうのを防ぐという意味あるのだ。

 急ブレーキを踏んだ車両はブレーキがロックしてしまい、路面の上を滑ってしまう。
そうなった場合、制動距離が伸びてしまうため、追突事故などを起こす可能性が高くなってしまうのだ。

 ABSは、ブレーキがロックしてしまう一歩手前の段階でブレーキを制御するため、ブレーキをロックさせてしまった場合とくらべて、大体の場合において短い制動距離で停車する事が可能となるのである。

 また、ブレーキがロックしないので、ブレーキング中にも障害物を避けることが可能となる。

ABSのメリット・デメリット

ABSによる制動距離の比較

ABSのメリット


【ブレーキ中の車両制御が可能】
 ブレーキがロックしてしまうと制動距離が伸びてしまうが、最も危険とされているのが、ロック中は車体の制御が出来ないということだ。
特に、濡れた路面などではロックしやすく、ツルツルと思わぬ方向へ進んでしまう事がある。
しかし、ABS搭載車ならブレーキがロックしないため、強くブレーキを踏んでいてもハンドル操作が可能となるのだ。


【路面凍結の場合】
 ABSの恩恵を最も受けることが出来るのは、凍結した路面でのブレーキングだ。
雪国育ちの方なら慣れているかもしれないが、そうでない方は凍結した路面でのブレーキの加減がわからずにタイヤがロックし、スリップしてしまう事が多い。

 しかし、そんな場合でもABSを装着していれば、効率的なブレーキングが可能となる。



ABSのデメリット


【意図したブレーキングが行えない】
 熟練のドライバーの場合、ABSよりも正確なブレーキングを行う事ができる場合がある。
しかし、ABSが効いてしまうことで思ったようなブレーキ操作が不可能になってしまうのである。

 また、ブレーキをロックさせた方が制動距離を短くする事が出来る場合があるが、ABSが効いてしまうとロックさせることが出来ないため、制動距離が伸びてしまう。


【砂利道などの場合】
 未舗装の砂利道などを運転する場合、ABS搭載車のほうが制動距離が伸びてしまうというデメリットもある。

 というのも、砂利道などでは路面から伝わる振動によりABSが誤作動を起こし、ブレーキを制限してしまうのだ。

 そういったことからも、ABSはブレーキの制動距離を短くすることを目的とするよりは、ブレーキがロックして車体を制御不能状態に陥らない目的で開発されたと認識しておいた方が良いかもしれない。
中には、ABSなんて意味がないため搭載しない方が良いという人もいるほどだ。

ABSに関する動画

 これは、ABS搭載車とABSを搭載していない車の制動距離を比較した動画である。
ご覧のように、強くブレーキを踏むとタイヤがロックしてしまい、結果的に制動距離が伸びてしまっている事が確認できる。


おわりに

 いかがだっただろうか。
ABSとは、ブレーキがロックしてしまうのを防止するための装置で、ブレーキを強く踏んでもスリップせずにハンドル操作を行うことができ、大体の場合において短い制動距離で止まることが出来るのだ。
ただ、砂利道など、条件によっては制動距離が伸びてしまうこともあるということを忘れないで欲しい。

 最近では、ほとんどの車両にABSが付いていることを考えても優れた、意味のある装置である事がわかる。
しかし、古い車両にはABSが搭載されていないこともあるので、中古車や中古トラックを購入する際にはABSの有り無しを確認したほうがいいだろう。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)