車のアーシングの効果とは?

車のアーシングの効果とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
アーシングの効果とは?
 車の電気の流れのロスを軽減するために施されることのあるアーシング。
実際に、アーシングをすることでどのような効果を得ることができるのだろうか?

 そこで今回はアーシングの効果についてまとめてみたので、参考にして欲しい。

アーシングとは

アーシングを施したバッテリー
【電気のロスを軽減】
 まずはアーシングについて説明しておこう。
アーシングとは、簡単にいうと電気のロスを軽減させるためにレーシングカーなどに施していたチューンナップだ。

 車の電気は、オルタネーターから供給された電力はバッテリーを介してセルモーターや車内のカーオーディオなど、様々な電装品へと流れる。
また、車のボディはバッテリーのマイナス端子へと繋がっているため、これらの電装品のマイナスの配線はボディへ繋ぎ、ボディーを介して電気がバッテリーへと流れるのだ。


【一度ボディを通るのは効率が悪い】
 しかし、どの電装品もボディーを通ってバッテリーへとマイナスの電気を送るのは効率が悪いと感じないだろうか?
そこで登場するのがアーシングだ。

 アーシングとは、各電装品から、直接バッテリーへと配線を繋げることで電気のロスを少なくするのである。

 アーシングを施すための配線は自作することも可能だが、アーシングキットなどが市販されているので、それらを使用しても良いだろう。


【アーシングを施す箇所】
 アーシングを施す箇所として人気のある部分を下記にまとめてみた。

[アーシングの場所]
  • エンジンのヘッド部分
  • エンジン本体(純正アース付近)
  • オルタネーター
  • セルモーター
  • ヘッドライト付近
  • バッテリーのマイナス端子からボディ(補助)

 実際にアーシングを施すことで効果が得られるのだろうか?

アーシングの効果について

レーシングカー

どのような効果を期待できるのか


【一般的に言われる効果】
 一般的には、アーシングを施すことで下記のような効果を得られることが出来ると言われている。

[アーシングの効果]
  • エンジンのトルク向上
  • 燃費性能の向上
  • ヘッドライトが明るくなる
  • オーディオの音質向上
  • 発電効率の向上
  • 各部の安定性の向上

 効果だけを見るとかなり良いことばかりに感じるが、実際のところは効果があるのだろうか?




古い車

実際のところ効果はあるのか


【効果が得られる車と、そうでない車がある】
 「アーシングによる効果を感じることが出来た」という人と「全く感じることが出来なかった」という人がいるようだ。
なぜこのように、両極端に分かれてしまうのだろうか?
効果を感じることが出来る車と、そうでない車の共通点を見てみよう。


【アーシング効果を感じにくい車】
 アーシングを施しても、なかなか効果を感じることが出来ない車は、ほとんどが高年式の新しい車種である事が多い。
なぜ、新しい車には効果がないのだろうか?

 というのも、最近の車は既に電気抵抗を少なくする設計になっているそうだ。
そのため、アーシングを施してもそれほどの効果が得られないようである。


【アーシング効果を感じやすい車】
 アーシングを施したら、まるでエンジンを載せ替えたような効果を得られた!という人もいるようだ。
こういった人の共通点は、古い車種にアーシングを施している事が多い。
昔の車種は、電気抵抗についてそれほどシビアに設計していないのではないか、ということが考えられる。

 また、軽自動車にアーシングを施して効果を得られる事も多いようだ。
というのも、軽自動車に使用される配線が細いものが多く、太めの配線でアーシングを行うことで電力が安定するようだ。




感電するこども

アーシングを施す際の注意点


【純正の電気系統のバランスが崩れる】
 注意しなくてはならないのが、このようなチューニングをすることで、綿密に設計されているメーカー純正の電気系統のバランスが崩れる恐れがあるということだ。


【電気工学の知識も必要】
 ただ闇雲にアーシングを施すと、故障の原因にもなり兼ねない。
もし、アーシングを施すのであれば相応の電気工学の知識を得ておいた方がいいだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
アーシングによる効果は、車種によって異なるようで、古い車種の場合には良い結果を得られる事があるようだ。
しかし、アーシングは一種の都市伝説的な扱いをされており、全く効果を得られないこともある。

 もし、あなたの所有している車やトラックの年式が古いものであれば、試してみる価値はあるのかもしれない。
その際に、この記事が役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)