車のエンジン警告灯が点灯したらどうする?原因は?

車のエンジン警告灯が点灯したらどうする?原因は?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
エンジン警告灯が点灯
 いつものように車を運転していると、見慣れないエンジン警告灯が付いた...という経験はないだろうか?
普段見ることのないエンジン警告灯などが点灯すると、不安になってしまう人が多いと思う。

 そこで今回は、エンジン警告灯が点灯したらどうすればいいのか、エンジン警告灯が点灯する原因などについてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

エンジン警告灯とは

エンジン警告灯
【エンジンはセンサーだらけ】
 車やトラックのエンジンには、様々なセンサーが取り付けられているのをご存知だろうか?
エンジンが吸い込む空気の量を測ったり、排気ガスの酸素の濃度を測ったり、エンジン内のクランクやカムの位置を測ったりと、挙げたらきりがないほどのセンサーがエンジンの周辺に取り付けられているのだ。

 そんなセンサーなどに異常が出た時に点灯するのがエンジン警告灯なのである。
また、エンジンチェックランプと呼ぶことも多い。

 突然エンジン警告灯が点灯すると焦ってしまう気持ちもよくわかるが、ここは冷静に対処したいところだ。

エンジン警告灯が点灯した時の対処法

まずは電話を
【ディーラーや整備工場へ連絡】
 まず、エンジン警告灯が点灯した場合、どこに異常があるのかというのは簡単にはチェックすることが出来ない。
そのため、テスター(診断機)を所有しているディーラーや整備工場へ連絡して欲しい。

 エンジンチェックランプが点灯しているしているにも関わらず、通常通りに走行できる場合は、そのまま工場へ来て下さいと言われるはずだ。

 ちなみに、テスターがなくてもエンジン警告灯が点灯している原因を調べるダイアグノーシスという方法もあるが、車に詳しい人でないと診断が難しいため、ここでは紹介しない。


【エンジン警告灯が点灯していても運転可能】
 工場へ来て下さいと言われても、エンジン警告灯が点灯している状態で運転してもいいのだろうか?
実際のところ、エンジン警告灯が点灯していても、エンジンの調子は悪くなさそうだと思ったら、とりあえずは運転しても問題ない。

 というのも、メーター内の警告は大きく分けて、赤いランプのものと、オレンジのランプの2種類がある。
赤いランプが点灯している場合は、直ちに運転をやめなければならないが、橙色のランプの場合は、異常はあるが走行可能というような意味があるのだ。
エンジン警告灯は、オレンジ色のランプなので、とりあえずは走行することが出来るのである。
※ただ、早めに修理をしなければ後々大変なことになるかもしれない。


【エンジン警告灯が消えることもある】
 ディーラーに持っていく前にエンジン警告灯が消えてしまう場合もあるが、車のコンピューターはエンジン警告灯が点灯したことを記録しているため、そのままディーラーに預けてしまっても問題ない。

エンジン警告灯が点灯するよくある原因

排出ガス浄化装置
排出ガス浄化装置

ガソリン車の場合


【O2センサー】
 ガソリン車でエンジン警告灯が点灯する原因の1つにO2センサーの異常というものがある。

 O2センサーというのは、排気ガス中の酸素濃度を検知するためのセンサーで、排気ガスの酸素濃度を計測することで燃焼の状態がわかるというものだ。
実際に排気ガスの酸素濃度が異常値になってエンジン警告灯が点灯する場合と、センサー自体が故障して警告灯が点灯する。


【エアフロメーター】
 燃料を噴射するインジェクターが電子制御されている車両の場合、エアフロメーターという空気を吸い込む量を測る装置が取り付けられている。

 エアフロメーターが異常値を検出した場合、エンジン警告灯が点灯するようになっている。
また、エアフロメーター自体が故障しても警告灯が点灯する。



ディーゼル車の場合


【排出ガス浄化装置】
 基本的にディーゼル車の場合は、ガソリン車に比べてエンジン警告灯が点灯する機会は少ないそうだ。

 そんなディーゼル車のエンジン警告灯が点灯した場合、排出ガス浄化装置が詰まっている場合がある。
排出ガス浄化装置とは、排出ガス中のPM(微小粒子状物質)のフィルターのようなものだ。
※DPRやDPDなどと呼ばれる。

 エンジン警告灯の原因が排出ガス浄化装置だった場合は、ススを掃除することで解決するだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
もし、エンジンチェックランプが点灯した場合は、慌てずにディーラーなどに連絡して、原因を把握することが大事である。
すぐにでも修理が必要な場合はそのまま預けてしまった方がいいだろう。
今すぐ修理する必要がない場合でも、なるべく早めに原因箇所を修理すべきだ。

 この記事があなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

素晴らしくわかりやすいです。
ありがとうございます。
  • 2015/05/10 19:47
  • URL
参考になりました!
はじめまして、こんばんは。

私の車のエンジン警告灯が点灯しまして…。
その原因を調べていたところ、こちらの記事を見つけました。
私も早速ディーラーに相談して点検してもらおうと思います。

非常によくまとめてあって分かりやすかったです。
参考になる記事をありがとうございました。
  • 2016/01/05 21:23
  • すずしん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
車のエンジンチェックランプが点灯!原因と対処法は?
こんばんは、すずしんです。 今日は外出する用事があって車を運転していました。 その時にふとメーターを見てみたのですが…。 なんとエンジンチェックランプが点灯していることに気付きました! これは初めての経験だったので焦りましたね。 私はこのエンジンチェックランプが点灯する原因が気になりましたので…。 その原因と対処法について調べてみました。 エンジンチェックランプとは? エンジン周りには、排気...
  • 2016/01/06 18:54
  • URL