セミオートマとは?AT限定免許でも乗れる?

セミオートマとは?AT限定免許でも乗れる?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
セミオートマとは?
 多くのトラックはマニュアル車を採用しているが、セミオートマというトランスミッションを搭載したモデルも多い。
しかし、セミオートマとはどのようなトランスミッションなのだろうか?
また、"セミ"と付いているが、AT限定の免許でも運転することが出来るのか?

 そこで今回は、セミオートマについてまとめてみたので、是非読んでみて欲しい。


              
                                                           

セミオートマについて

セミオートマのシフト周り

セミオートマとは


【クラッチのないマニュアル車】
 セミオートマとは、簡単にいってしまえばクラッチペダルのないマニュアルのようなものだ。
運転席のペダルが2つ(アクセル・ブレーキ)しかないため「2ペダルMT」と呼ばれることもある。

 マニュアルのクラッチ操作を自動化したものであるため、どちらかと言えばマニュアル寄りなトランスミッションなのである。
そのため、運転時の変速に関しては、シフトレバーを手動で動かしてシフトアップ、シフトダウンを行う必要だ。


【トラックに採用される理由】
 一般的な乗用車でセミオートマを採用している車種は少ないが、トラックに関してはほとんどの車種でセミオートマ車がラインナップされている。
しかし、トラックにはオートマ車もラインナップされているのに、なぜ中途半端なセミオートマ車もラインナップしているのだろうか?

 特に大型トラックの通常のオートマは、その仕組みから燃費性能があまり良くなく、また騒音も発生するのに対し、セミオートマの場合はオートマよりも燃費が良く、また騒音も少ないというメリットがある。

 また、近年のマニュアル搭載トラックでは、燃費向上を目的として8段以上の変速機を搭載することが増えてきたが、その分運転手はクラッチ操作も増えて疲労の原因となってしまう。
そういった面でも、クラッチ操作がないセミオートマ車なら、トラック運転手の疲労軽減効果も期待できるため、採用する運送会社も増えているのだ。



各社のセミオートマ


【呼び方は様々】
 一口にセミオートマと言っても、自動車メーカーによって呼び方は様々である。
トラックのセミオートマの名称を、下記にまとめてみた。

[セミオートマの名称]
  • いすゞ:Smoother(スムーサー)
  • 三菱ふそう:INOMAT(イノマット)
  • 三菱ふそう:DUONIC(デュオニック)
  • 日野:Pro Shift(プロシフト)
  • UDトラックス:ESCOT(エスコット)
  • 日産:AMT
  • ボルボ:I-シフト
  • ベンツ:テリジェント・オートマティック・ギアシフト
  • スカニア:オプティクルーズ

セミオートマはAT限定免許でも運転可能

日野・デュトロ
【AT車の定義】
 ありがたいことにセミオートマ車はAT限定免許でも運転する事が可能なのだ。
そもそも、AT車とはどのような定義があるのだろうか?
道路交通法施行規則には下記のように記載されている。

AT車:オートマチック・トランスミッションその他のクラッチ操作を要しない機構がとられており、クラッチの走査装置を有しない自動車等

道路交通法施行規則


 つまり、クラッチペダルを持たないセミオートマ車ならAT限定免許での運転が可能ということだ。
これにより、特にセミオートマの小型トラックを導入する運送会社が増えているようだ。


【新普通免許】
 昔は、AT限定などという免許の限定はなく、さらに普通免許でも総重量8t(現在では総重量5tまで)まで運転することが可能だった。
だが最近ではAT限定で普通免許を取得する若者が多いため、トラックの運転手になる事が難しかった。

 しかし、運送会社が車両総重量5t未満のセミオートマ車を用意することで、新制度でAT限定免許を取得した人でもトラックの運転手として働くことが可能となったのである。
人手不足に悩む運送会社が多いが、こういった車両を導入することで、人材が集まるかもしれない。

【Tips】
新しい車両を導入するなら、程度の良い中古トラックを探すというのも良いだろう。
数ある中古トラックの中から良質なものを選ぶ際には、こちらの記事も参考にして欲しい。
【必見】良質な中古トラックを選ぶ21の見分け方

おわりに

 いかがだっただろうか。
セミオートマとは、クラッチペダルのないマニュアル車のことで、AT限定免許でも運転することが可能なトランスミッションである、トラックの場合、燃費などの面でもオートマより優れている場合もあるということがおわかりいただけたと思う。

 また、小型のセミオートマトラックを保有することで、AT限定の普通免許を持つ人でも運転することが可能なので、新しい人材を集めるために、導入するというのもありだろう。

 この記事が、あなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)