キャスター角とは?調整するメリットなど

キャスター角とは?調整するメリットなど

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
キャスター角とは?
 車はハンドルを真っ直ぐにしていれば、自然と直進すると思っている人が多いが、実際には様々な部品を微調整することで成り立っているのだ。
そのうちの1つにキャスター角というものがあるのをご存知だろうか?

 今回は、キャスター角とはどういったものなのか、調整することでどのようなメリットがあるのかについてまとめてみたので、是非読んでみて欲しい。


              
                                                           

キャスター角とは?

キャスター角
【キングピン軸を横から見た時の傾斜角】
 キャスター角とは、キングピン軸を側面から見た時の傾斜角のことである。
ちなみに、キャスター角は操舵輪にしか存在しないため、基本的にはフロントのみの角度となる。

 前進方向に傾く状態をマイナスキャスター角、地面と垂直な状態をゼロキャスター角、後退方向に傾いた状態をプラスキャスター角と呼ぶこともある。
しかし、一般的にはプラスキャスター角の車両がほとんどであり、それ以外のキャスター角の車両は存在しないに等しい。


【キャスター角の役割】
 キャスター角には、車の直進性の保つという役割がある。
また、旋回中にはキャンバー角を傾ける役割もあり、旋回性を向上させている。

【Tips】
キングピン軸(角)や、キャンバー角についてはこちらの記事を参考にして欲しい。

キャスター角の調整によるメリットやデメリット

距離測定器
傾けると押しやすい
【キャスター角を大きくすると】
 調整によってキャスター角を後退方向への傾斜を大きくすることで、どのようなメリットがあるのだろうか。

 旅行用のスーツケースを思い浮かべて欲しい。
スーツケースを前方に押す時に、スーツケースを地面と垂直にした状態で押すと、かなり押しづらいだろう。
それに対し、取っ手部分を手前に引き寄せて、押すと押しやすいはずだ。

 それと同じように、キャスター角を大きく取ることで直進安定性が向上するというメリットがあるのだ。
しかし、デメリットとしてあまりキャスター角を大きくしてしまうと、旋回後のハンドルの戻りが悪くなったり、旋回中のタイヤのグリップ力が低下する。


【キャスター角を小さくすると】
 キャスター角を地面と垂直に近付けると、ハンドルを切った時の反応が良くなり、旋回能力が向上するメリットがある。
しかし、直進安定性が低下してしまうデメリットもある。

 どちらも一長一短だが、コーナリング重視にしたい場合にはキャスター角を小さく、直進重視にしたい場合にはキャスター角を大きく調整すると良いだろう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
キャスター角というのは、横から見た時のキングピン軸の傾斜角であり、基本的には後方方向への傾斜となるように設計されている。
調整することで、直進安定性や旋回性能に影響するということがおわかりいただけただろうか?
この記事が、あなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)