【制度変更】ETCマイレージのポイントや割引について

【制度変更】ETCマイレージのポイントや割引について

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
ETCマイレージが変更?
 あなたはETCマイレージというサービスがあるのをご存知だろうか?
普段から高速道路を利用する人にはとてもお得な登録制のサービスなのである。

 ETCマイレージは昔から存在していたサービスなのだが、実は平成26年4月1日から制度が変更されたのだ。
そこで今回は、ETCマイレージについてまとめてみたので、参考にして欲しい。

ポイントの付き方と還元について

ETCマイレージサービス

ポイントの付き方


【従来の内容】
 ETCマイレージの目玉とも言えるのが、ポイントサービスだろう。
利用額に応じたポイントを貯めることで、そのポイントに応じて高速道路の無料通行が可能となるのだ。

 さて、今まではどのようにしてETCマイレージのポイントが付いていたのかを見てみよう。

[従来のポイント]
  • NEXCOの高速道路:¥50につき1ポイント
  • 本四高速:¥50につき1ポイント
  • 宮城県道路公社:¥50につき1ポイント
  • NEXCOの一般有料道路:¥100につき1ポイント

 ご覧のように、一般有料道路を走行する時のみ¥100で1ポイントであり、その他の道路を走行する時は¥50で1ポイントとなっている。
このポイントの付き方が、制度の変更によってどのように変わったのだろうか。


【変更後の内容】
 平成26年4月1日の制度の変更後、つまり現在のポイントの付き方は下記のようになった。

[現在のポイント]
  • 一律:¥10につき1ポイント

 従来のポイントの付き方よりもわかりやすく、1ポイント獲得あたりの金額も安くなったことがわかる。

 とてもお得になった!と感じる人もいるだろうが、実はポイントの還元額も変更になっていたのだ。



ポイントの還元額


【従来の還元額】
 高速道路の利用によって得たポイントは、一定まで貯めることで無料の通行分に還元することができるのだ。
今までのポイントの還元は下記のようになっていた。

[従来の還元額]
  • 100ポイント:¥200相当に還元
  • 200ポイント:¥500相当に還元
  • 600ポイント:¥2,500相当に還元
  • 1,000ポイント:¥8,000相当に還元

 このようになっていて、ポイントをたくさん貯めてから還元する方がお得になるということがわかる。
では、現在ではどのように変わったのだろうか?


【変更後の還元額】
 ポイントの獲得に関しては、従来よりも現在の方が割が良くなったが、還元額に関してはどうだろうか。

[現在の還元額]
  • 1,000ポイント:¥500相当に還元
  • 3,000ポイント:¥2,500相当に還元
  • 5,000ポイント:¥5,000相当に還元

 従来の制度と比較するとかなりポイントの還元率が悪くなっていることがわかる。
しかし、ポイント獲得率は良くなっている事を考えると...
結局、従来と現在ではどちらの方がお得なのだろうか?



変更前と変更後はどちらがお得なのか


【¥500相当での比較】
[従来]
 従来の還元率で¥500相当の無料通行をするには、200ポイントが必要となる。
NEXCOの運営する高速道路を利用した場合は「¥50につき1ポイント」獲得することが出来るので、200ポイント獲得するには「¥10,000」の利用が必要だ。

[現在]
 現在の還元率の場合は、1,000ポイントを獲得することで、¥500相当の無料通行が可能となる。
変更後の制度なら一般有料道路、高速道路どちらを利用した場合でも「¥10につき1ポイント」獲得することが出来るので、1,000ポイント獲得するためには「¥10,000」の利用が必要となる。

 どちらも、¥10,000の利用で¥500相当の無料通行分に還元することが出来るようだ。
ということは、従来でも現在でもどちらも同じである...と言うにはまだ早い。
他の金額でも比較してみよう。


【利用額が¥50,000の場合の比較】
[従来]
 NEXCOの高速道路を¥50,000分利用した場合の獲得ポイントは、1,000ポイントとなる。
従来の制度で言うと、1,000ポイントは¥8,000相当の無料通行分に還元することが出来るのだ。

[現在]
 一般有料道路や高速道路を同じく¥50,000分利用した場合の獲得ポイントは、5,000ポイントだ。
現在の制度の場合、5,000ポイントは¥5,000相当の無料通行分に還元可能である。

 このように、ポイント数が多くなると、従来の方が還元率が良かった事がわかる。
だが従来の制度でいうと、一般有料道路のポイント獲得率が良くないので「一般有料道路を良く利用する人にとってはお得になった」と言えるだろう。

 もともとNEXCO運営の高速道路しか利用しない人にとっては、お得感は薄れてしまった事になる。

平日朝夕割引について

ETCコーポレートカード
【廃止された通勤割引が復活?】
 2014年4月1日から、ETC利用時の通勤割引が廃止されたのはご存知だろうか?
通勤や通学の時間帯は50%OFFで高速道路を利用できるというとてもお得な割引だったのだ。

 しかし、通勤割引が平日朝有割引に名前を変えてETCマイレージサービスに登録している人限定で適用されるのだ。
従来とは少し割引内容が変わったが、通勤や通学で高速道路を利用していた人にとっては朗報だろう。

 平日朝夕割引を受けるには、ETCマイレージサービスへの登録が必要となるが、インターネットからも簡単に申し込む事ができるので、まだ登録していない人は登録しておいたほうがいいだろう。

ETCマイレージサービス

【Tips】
ETC割引に付いて詳しく知りたい方は、こちらの記事を参考にして欲しい。
【2014】ETC割引が廃止・縮小、変更後の料金などは


【平日朝夕割引の内容】
[従来]
 今までの通勤割引は、下記の内容であった。

[従来の通勤割引]
対象区間
NEXCOが運営する高速道路・一般有料道路
※一部を除く
対象車
全車
対象日時
対象日:平日
対象時間:午前6時~午後9時、午後5時~午後8時
制限
最大100kmの走行分まで
午前、午後それぞれ1度づつまで
割引率
50%


[現在]
 現在の平日朝夕割引は、下記のようになった。

[現在の平日朝有割引]
対象区間
NEXCOが運営する一部を除く高速道路・一般有料道路
宮城県道路公社管理の道路
本州四国連絡道路
対象車
全車
対象日時
対象日:平日
対象時間:午前6時~午後9時、午後5時~午後8時
制限
最大100kmの走行分まで
1日につき1度まで
割引率
1月の利用回数が5~9回:30%
1月の利用回数が10回以上:50%
※本四高速に関しては割引率などの内容が多少異なる。

 このように変更された。
注目したいのは、従来だと午前と午後で1度づつ適用されていたのが、現在は1日に1度までとなっているところだ。
また、1月あたり5回以上は利用しないと割引されないというのも大きいだろう。
ちなみに、その月の利用回数と金額を計算してから請求が来るそうだ。

おわりに

 いかがだっただろうか。
あなたも、これを機にETCマイレージサービスに登録してみてはいかがだろうか?
その際に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)