クレーンの吊り上げ荷重と定格荷重(定格総荷重)の違いとは

クレーンの吊り上げ荷重と定格荷重(定格総荷重)の違いとは

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
吊り上げ荷重・定格荷重
 あらゆるクレーンには、吊り上げ荷重と定格荷重というものが決められている。
しかし、これらの違いについてイマイチ良くわからないという人がいるようだ。

 そこで今回は、クレーンのつり上げ荷重と定格荷重の違いについてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

吊り上げ荷重とは

トラックに架装されたクレーン
【クレーンの最大の吊り上げ能力】
 吊り上げ荷重とは、そのクレーンが吊上げる事のできる最大の荷重のことである。
トラックに架装するクレーンでは「吊り上げ荷重:2.93t」というものが多い。

 この吊り上げ荷重は、フックなどの吊具を含んだ荷重であるというところに注意して欲しい。
つまり、実際に吊上げる際には吊具も含んで2.93tまで吊上げる事が可能ということになる。

 吊り上げ荷重は、ジブの長さを最も短くし、クレーンの傾斜角も最大にした状態であるという事も覚えておこう。

定格荷重、定格総荷重とは

クレーン車
【定格荷重とは】
 定格荷重とは、クレーンの傾斜角や、ジブの長さ等の条件によって変化する荷重のことで、フックなどの吊具の重量を差し引いた実際に吊上げることの出来る荷重のことである。
傾斜角が少なかったり、ジブを伸ばしていると吊上げることの出来る重さは少なくなるという考え方でいいだろう。

 また、フックなどの吊具はその車両によって異なる重さのものを装着する可能性があるので、メーカーの性能表などには定格荷重は記載されていない。


【定格総荷重とは】
 定格総荷重とは、ジブの長さやクレーンの傾斜角といったクレーンの使用状況に合わせた荷重のことである。
定格荷重と似ているが、吊具の重さを含まない定格荷重に対して、定格総荷重は吊具の重量も含んだ荷重となる。

 メーカーの性能表などで記載されている荷重は、基本的に定格総荷重だ。

[定格荷重、定格総重量の具体例]
吊り上げ荷重2.93tのクレーンを下記の条件ににすると...
  • アウトリガ張り出し:最大
  • ブーム長さ:4.32m
  • 作業半径:6.0m

この場合の定格荷重と定格総荷重は下記のようになる。

  • 定格荷重:1.43t-吊具重量
  • 定格総荷重:1.43t

実際のクレーンの定格総重量

タダノのクレーン
【タダノのクレーン】
 なんとなく実感が湧きにくいという方のために、タダノで製造しているトラック架装型のクレーンの定格総荷重をみてみよう。


【ブーム4.32mの場合】
作業半径 アウトリガ最大 アウトリガ最小
3.0m以下 2.93t 2.28t
3.5m 2.93t 1.73t
3.9m 2.93t 1.43t
4.5m 2.38t 1.13t
5.0m 1.98t 0.93t
5.5m 1.68t 0.78t
6.0m 1.43t 0.63t
6.5m 1.23t 0.53t
7.0m 1.03t 0.43t
8.0m 0.88t 0.38t
9.0m 0.68t 0.25t
9.82m 0.60t 0.18t


【ブーム15.69mの場合】
作業半径 アウトリガ最大
4.0m以下 1.98t
4.5m 1.93t
5.0m 1.83t
6.0m 1.38t
7.0m 1.03t
8.0m 0.88t
9.0m 0.65t
10.0m 0.58t
11.0m 0.50t
12.0m 0.43t
12.65m 0.40t

 このように、ブームの長さや作業半径によって吊上げることのできる重さは変わってくるのである。
ちなみに、これは定格総重量なので、実際に吊上げる際には吊具の重量を差し引いた重さまでの荷物しか吊上げる事ができないということに注意しよう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
吊り上げ荷重は、そのクレーンが吊上げる事のできる最大の荷重のことである。
定格荷重は、クレーンの条件に応じた吊上げる事のできる、吊具の重量を除いた荷重である。
定格総荷重は、クレーンの条件に応じた吊上げる事のできる、吊具の重量を含んだ荷重である。
ということがおわかりいただけただろうか。
この記事が、あなたにとって少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)