トラックの荷物に付いた赤い布の意味とは?

トラックの荷物に付いた赤い布の意味とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
赤色の布の意味とは?
 トラックの荷物に赤い布が付いていて、ひらひらと風に揺られているところを見たことがあるだろうか。
あの赤色の布にはちゃんと意味があって荷物に付けられているのだ。

 そこで今回は、トラックの荷物に付けられた赤色の布についてまとめてみたので、是非読んでみて欲しい。


              
                                                           

荷台に積む荷物の制限

長いものを運ぶトラック
【荷台からはみ出す場合には】
 長いパイプなどを運搬する時には、どうしてもトラックの荷台から荷物がはみ出してしまうことがある。
実は、この荷物にも制限があることをご存知だろうか。

 積載物の「長さ」「幅」「高さ」は道路交通法で以下のように定められている。

積載物の長さ、幅又は高さはそれぞれ次に掲げる長さ、幅又は高さを超えないこと。

イ 長さ 自動車の長さにその長さの十分の一の長さを加えたもの(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の長さに0.3メートルを加えたもの)

ロ 幅 自動車の幅(大型自動二輪車及び普通自動二輪車にあつては、その乗車装置又は積載装置の幅に0.3メートルを加えたもの)

ハ 高さ 3.8メートル(大型自動二輪車、普通自動二輪車及び小型特殊自動車にあつては2メートル、三輪の普通自動車並びにその他の普通自動車で車体及び原動機の大きさを基準として内閣府令で定めるものにあつては2.5メートル、その他の自動車で公安委員会が道路又は交通の状況により支障がないと認めて定めるものにあつては3.8メートル以上4.1メートルを超えない範囲内において公安委員会が定める高さ)からその自動車の積載をする場所の高さを減じたもの

道路交通法


 しかし、これらの制限を超えなければ運ぶことの出来ない荷物も存在する。

 実際に積載する際に多いケースは、上記の制限よりも長さが超えてしまう事だ。
この制限を超えてしまうような場合は、どのようにして運べばいいのだろうか?


制限外積載許可

赤色の布が付いている
【積載物が大きい場合は】
 どうしても積載物の大きさが、上記の積載制限を超えてしまう場合には、出発地の管轄の警察署にて制限外積載許可を貰うことで運搬することが可能となる。


【赤色の布の秘密】
 もうお気付きの方が多いと思うが、積載物の大きさが制限を超えてしまう場合には、その荷物に赤色の布を取り付けて走行する必要があるのだ。

 制限外積載についても、道路交通法で以下のように定められている。

一  積載した貨物の長さ又は幅が前二条に規定する制限又は法第五十七条第二項 の規定に基づき公安委員会が定める制限を超えるものであるときは、その貨物の見やすい箇所に、昼間にあつては0.3メートル平方以上の大きさの赤色の布を、夜間にあつては赤色の灯火又は反射器をつけること。

二  車両の前面の見やすい箇所に法第五十八条第一項 の許可証(次項及び次条において「制限外許可証」という。)を掲示すること。

三  前二号に掲げるもののほか、道路における危険を防止するため必要と認める事項。

道路交通法


 道路交通法によると、赤色の旗にも決まりがあり、30cm四方以上の大きさが必要であることがわかる。
また、夜間では視認性の問題から赤色の灯火器、または赤色の反射器を付ける必要がある。

おわりに

 いかがだっただろうか。
ひらひらとしている赤色の布は、飾りではなく、制限を超える積載物を積んでいるので注意して下さいという意味のある布であるということがわかっただろう。
また、制限を超える積載物を運搬する際には、警察署にも届出が必要なので、無許可で運ばないようにしよう。
あなたにとってこの記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)