トラックのエンジンがかからない時の原因とは?

トラックのエンジンがかからない時の原因とは?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
エンジンがかからない時は
 いつもどおりにトラックに乗ってエンジンをかけようと思ったが、全然かからない...という経験はないだろうか?

 もし、トラックのエンジンがかからない場合には、できる範囲で点検をして、原因を探ることをオススメする。
そこで今回は、トラックのエンジンがかからない時の原因を調べるための点検方法をまとめてみた。

キーを回してセルモーターが回らない場合

キーシリンダー

1.クラッチスタートシステムの異常


【接触不良の場合も】
 クラッチを踏み込んで、キーを回してみるが全然エンジンがかからない。
そんな場合には、いくつかの原因が考えられる。
その内の1つがクラッチスタートシステムの異常や故障だ。

 エンジン始動時の誤作動を減らす目的で、1999年以降のマニュアル車には「クラッチスタートシステム」の搭載が義務付けられている。
これは、クラッチを奥まで踏み込まないとセルモーターへの通電がされないような仕組みになっているので、クラッチスタートシステムが故障してしまうと、セルモーターへ電気が流れないため、エンジンをかけることが出来なくなってしまうのだ。

 車種によっては、クラッチの奥にスイッチがありそこの配線を直結にすることで簡単にクラッチスタートシステムを解除することが出来るようだが、難しそうだと感じたら整備工場へ連絡しよう。



2.バッテリーあがり


【電気などは点くか】
 もう1つ考えられる原因としては、バッテリーあがりだ。
バッテリーの電力があまり残っていない場合、一瞬だけセルモーターが回ったり、「ギュイン、ギュイン、」とゆっくり回転するような音が聞こえるはずである。

 もし完全にバッテリーが上がってしまっている場合には、セルモーターはうんともすんとも言わない。
そういった場合には、ヘッドライトなどを点けてみて、ちゃんと点灯しているか見てみよう。
点灯していない場合にはバッテリーあがりが濃厚だ。

 ヘッドライトなどは問題なく点くが、セルモーターだけが回らない場合は、バッテリー以外が怪しい。

【Tips】
バッテリーが上がってしまっている場合には、これらの記事を参考にして欲しい。




セルモーター

3.セルモーターの故障


【セルモーターを叩く】
 もしかすると、セルモーター自体が故障してしまっている可能性がある。

 セルモーターが故障し始めると、いきなりうんともすんとも言わなくなってしまうというよりは「キーを回してもセルモーターが回らない時がたまにあるなぁ」という初期症状があるのだ。
もしこの初期症状が出ていたのなら、セルモーターの故障の可能性が高い。

 トラックの場合、キャブチルトをしてセルモーターを探してみて欲しい。
画像の物がセルモーターなのだが、発見することができたら鉄の棒のようなもので「コンコン」と軽く叩いてからキーを回してみよう。
衝撃を与えることでセルモーター内のマグネットが飛び出すことがあるのだ。

 一時的にエンジンをかけることが出来ても、またかからなくなってしまうので早めにセルモーターを交換したほうがいいだろう。

【Tips】
キャブチルトについては、こちらの記事を読んでみて欲しい。
Q.キャブチルトとはなんですか?


セルモーターが回る場合

エア抜き

1.ガス欠が原因


【エア抜きをしよう】
 セルモーターは動くけれどエンジンが掛からない。
そんな時は、とりあえず燃料計を見てみよう。
もしかしたらガス欠でエンジンがかからないのかもしれないからだ。

 燃料は入っているがエンジンがかからないという場合、もしかして「最近ガス欠をした」ということはないだろうか?
ディーゼル車の場合、一度ガス欠をすると燃料ホースなどに空気が混入してしまい、燃料を噴射ポンプまで流すことが出来なくなってしまうのだ。

 もし燃料系に空気が入ってしまった場合には、エア抜きをする必要がある。
エア抜きの方法は、燃料ポンプの上部にあるポンプを何度か押すというものだが、車種によって方法が異なるので詳しくは取扱説明書などを読んで欲しい。

【Tips】
ガス欠に関して詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にして欲しい。



2.燃料フィルターの詰まりや水の混入


【軽油が通れない】
 もしかしたら、燃料フィルターが詰まっていたり、水が混入してしまって軽油がフィルターを通り抜けられないためにエンジンがかからない可能性がある。

 この場合、燃料フィルターの交換や水抜き、大掛かりな場合だと燃料タンクの中身を全部抜いて軽油を入れなおす事でエンジンがかかるようになる。
さすがに燃料タンクの中身を抜いたりするのは、自分ではなかなか出来ないと思うので、整備工場に相談してみると良いだろう。

上記以外の場合

 もちろん、上記以外の原因でエンジンがかからないという可能性も大いにある。
しかし、これ以上のことは整備士でもない限り原因の追求は難しいので、素直に整備工場に相談したほうが速いだろう。
もし、あなたのトラックのエンジンが掛からない場合に、この記事が少しでも役に立てば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

逝かれたちんち
  • 2015/01/16 18:53
  • 平和ボケ日本
  • URL
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
  • 2016/05/03 21:14
  • -
P1D2F
すいません。
少しお伺いしたいのですが、FUSO大型トラックが今朝から、エンジン系統MCM制御とエンジンランプが、点灯して困ってます。…修理したばかりで。。。。。。原因らなんですかね?
教えて下さいm(_ _)mお願いいたします
  • 2016/06/21 09:32
  • たまの丞
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)