廃タイヤの処分費用はいくら?

廃タイヤの処分費用はいくら?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
廃タイヤの処分費用
 あなたは、タイヤ交換をして使用しなくなってしまったタイヤの処分はどうしているだろうか?

 廃タイヤは勝手に捨てることが出来ないので、処分の際には業者に依頼することになる。
そこで今回は、廃タイヤの処分費用などについてまとめてみたので、処分する際の参考にして欲しい。

廃タイヤの処分にかかる費用はどれくらい?

潰された廃タイヤ
【1本あたり¥500前後で処分できる】
 主に廃タイヤの処分を行っているのはタイヤ屋さんである。
タイヤ販売店で「使わなくなったタイヤを処分して欲しい」と伝えれば引き取ってくれるのだ。

 その際にかかる費用はタイヤ販売店によって異なるが、1本あたり¥300~¥500前後で処分してくれるようだ。
乗用車ならタイヤは4本なので、1台で¥2,000前後だ。
トラックは、車両によってタイヤの本数が異なるので一概に1台いくらとは言えないが、10本付いている場合なら¥5,000ほどかかるということになる。


【場合によってはサービスも】
 タイヤ販売店でタイヤ交換を行った際に、一緒に廃タイヤをお願いするといったことは良くあることだ。
そういった場合、通常なら1本¥500前後かかる廃タイヤの処分費用を無料サービスで行ってくれることがある。

 なのでタイヤ交換の際には、廃タイヤの処分費用を事前に確認しておいた方がいいだろう。

【Tips】
溝がたくさん残ったタイヤの場合には、タイヤの買取を行ってくれる業者もあるようだ。
なので使わなくなったタイヤに溝が残っている場合には、買取をしてくれる業者を探すのもいいだろう。


タイヤは産業廃棄物?

タイヤの跳び箱
【廃タイヤは産業廃棄物】
 実はタイヤというのは産業廃棄物になるということをご存知だろうか?
産業廃棄物というのは「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」で定められた廃棄物のことで、タイヤ以外には廃油や汚泥などが産業廃棄物にあたる。

 このような産業廃棄物を適当に捨ててしまうと、不法投棄となってしまうのだ。


【廃棄物処理法違反】
 廃タイヤを不法投棄してしまうと、下記のような罰則が課せられる。

[産業物処理法違反の罰則]
不法投棄・無許可営業など
5年以下の懲役または、1000万円の罰金となる。
もしくはその両方が課せられる。
法人の場合は3億円以下の罰金
無許可業者への委託
5年以下の懲役または、1000万円の罰金となる。
もしくはその両方が課せられる。

 このことからも、間違えても自分でなんとか捨ててしまおうなどと考えずに、廃タイヤの処分は業者に依頼していただきたい。

おわりに

 いかがだっただろうか。
廃タイヤの処分費用は、1本あたり¥500ほどで依頼することが出来るということがおわかりいただけただろうか?
自分で捨ててしまうと産業物処理法違反になってしまい、大変な罰則を課せられてしまうので絶対に業者に依頼するようにしよう。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)