Q.複数の交通違反を同時にするとどうなりますか?

Q.複数の交通違反を同時にするとどうなりますか?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
複数の違反を同時にすると?
Q.複数以上の交通違反を同時にしてしまった場合、全ての違反分の点数が累積されるんでしょうか?
例えば、速度超過で信号無視をしてしまった場合はどのようになりますか?

交通違反を犯す時は、必ずしも1つの違反だけを犯すとは限らない。
そこで今回は、2つ以上の違反をしてしまうとどうなるのかをまとめてみた。

違反点数の高い方だけが累積される?

交通違反を捕まえるポリスマン
【道路交通法によって定められている】
 複数の違反を同時に犯した場合はどうなってしまうのか、ということは道路交通法で定められているのだ。

備考:一の表又は二の表の上欄に掲げる違反行為の種別に応じ、これらの表の下欄に掲げる点数とする。
この場合において、同時に二以上の種別の違反行為に当たるときは、これらの違反行為の点数のうち最も高い点数(同じ点数のときは、その点数)によるものとする。

道路交通法施行令


 このことからもわかるように、2つ以上の交通違反を犯した場合、どちらか違反点数の高い方だけが累積されるということである。

 ただ、注意しなくてはならないのが、複数の違反を「同時」に犯した場合ということだ。
少しでも違う地点での違反となってしまうと別々に違反を取られてしまう。
例えば信号無視をした地点と速度超過をした地点が同じなら、どちらかの違反点数しか累積されないが、信号無視をした後で速度超過をしたとなると、両方の違反を切られることになるだろう。
この、同時に違反を犯すことを「瞬間的同時違反」「同時多発違反」などと呼ぶこともある。


【キップを複数切られたら】
 もし、複数の違反を同時に犯してしまったときに複数のキップを切られた場合、違反点数は上記の通りどちらか高い方だけが累積されるが、反則金は両方とも支払う必要があるということになる。

【Tips】
「点の違反と線の違反を同時にするとどちらの違反点数も累積される」といったことをよく耳にするが、こういった決まりは道路交通法では定められていないようだ。


酒気帯び運転の場合は特別

酒気帯び
飲んだら乗るな
【酒気帯び用の点数がある】
 もし、同時に犯してしまった違反の中に、酒気帯び運転が含まれていた場合、通常の違反点数とは異なる点数が累積されることになる。

 例えば違反点数2点の一時不停止で捕まった際に、0.25mg未満の酒気帯び運転が発覚した場合、酒気帯び運転での一時不停止となり違反点数も14点になる。
酒気帯びによる点数は、それぞれの違反によって異なる。

[酒気帯びによる点数の違い(一例)]
酒気帯び運転
0.25mg未満:13点
0.25mg以上:25点
無免許運転
通常:19点
0.25mg未満:23点
0.25mg以上:25点
大型自動車無資格運転
通常:12点
0.25mg未満:19点
0.25mg以上:25点
一時不停止等
通常:2点
0.25mg未満:14点
0.25mg以上:25点

おわりに

 いかがだっただろうか。
もし、複数の違反を同時に犯してしまっても基本的に全ての違反点数が累積されることはないということがおわかりいただけただろうか?
しかし、どんな違反でも違反には変わりはないという意識を持って安全運転を心がけて欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)