長距離運転を快適にする5つのグッズ!

長距離運転を快適にする5つのグッズ!

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
長距離運転快適グッズ
 トラックの運転手や、連休中に家族で遠出をするために長距離運転をすることがあるだろう。
そんな時は、少しでも快適に運転をしたいものである。

 そこで今回は、長距離運転を少しでも快適にするための5つのグッズをまとめてみたので参考にして欲しい。

1.アームレスト(肘掛け)

アームレスト
【地味だがあると便利】
 まず紹介するのは、アームレストだ。
乗用車にはもともと付いている事が多いが、トラックや軽自動車の場合アームレストがないことがある。

 左腕をアームレストに乗せて運転するだけで、かなり疲労を感じにくくなる。
また、アームレストには収納機能もあるので携帯電話の充電器などを収納しておくのにも便利だ。


2.ガムや飴

ガム
【長距離運転は飽きる】
 特に高速道路などで長距離運転をしていると、運転自体に飽きてきてしまう。
曲がり角や信号があるわけでもなく、ただひたすら同じ速度で走行し続けるというのは意外と大変だ。

 そんな時に少しでも気を紛らわすことが出来るのはガムや飴などの食べ物だ。
ガムや飴があるのとないのとではかなり気分が変わる。

 特にミント系のガムなどは眠気を覚ましてくれるのでオススメだ。


3.スマートフォンホルダー

スマートフォンホルダー
【カーナビや動画など】
 あなたが使用している携帯電話はスマートフォンだろうか?
もしスマホを使用しているのなら、スマートフォンホルダーは必須だろう。

 というのも、スマホがあればカーナビの代わりとして使用することができるし、お気に入りの音楽や動画を流しておくことができて運転が数段楽しくなるだろう。
最近では、オービスに近づくと知らせてくれるアプリなんかもあって大変便利だ。
ただし走行中にスマホの画面を見るのは交通違反となるので、たとえ動画を流しても音だけを楽しむようにしよう。

【Tips】
運転中に画面を見ると交通違反になる。
詳しく知りたい方はこちらの記事を読んで欲しい。
Q.運転中のテレビの視聴は違反?罰金は?


4.ドライビンググローブ

ドライビンググローブ
【手汗に最適】
 ドライビンググローブというのは、運転する際につける手袋のことだ。
運転するのに手袋なんてして何か意味があるの?と思う方もいるだろう。

 ドライビンググローブを付けることで、手汗を吸収してくれてハンドルを持つ手が滑らなくなるのだ。
グローブを付けたからといって、急激に何かが変わるという訳ではないが、あなたの気付かないうちに快適に運転することが出来ているはずだ。


5.サングラス

サングラスをするイケメン
【日中の運転には必須】
 サングラスというと「カッコつけ」のイメージがあるが、もともと日差しから目を守るためのグッズなので、日中の運転に効果抜群だ。

 日中の運転では、角膜や水晶体を傷つけてしまう紫外線から目を守る事が大切だ。
紫外線を浴び続けると白内障になる可能性も高くなるのだ。

おわりに

 いかがだっただろうか。
これらのグッズを用意して、快適な長距離運転をしていただければ幸いである。

【運転に関する記事】

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)