無免許運転や酒酔い運転をした際の欠格期間は?

無免許運転や酒酔い運転をした際の欠格期間は?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
免許の欠格期間について
 交通違反を犯すと免許証に違反点数が累積されるのはご存知だと思う。
基本的には15点累積されると免許取消しとなってしまうが、無免許運転などで15点を超える点数が累積されるとどうなるのだろうか?

 そこで今回は、たくさんの違反点数が累積されてしまった場合に生じる欠格期間についてまとめてみた。


              
                                                           

免許の欠格期間とは?

先生
【再取得までの期間】
 冒頭でも触れたが、15点で免許の取消しなのに、無免許運転の違反点数は25点、酒酔い運転の違反点数は35点と、免許の取消しよりも多い点数が累積されるとどうなってしまうのだろうか?

 免許の取消しを超える点数が累積されると、取消しから一定の期間は免許を再取得することが出来なくなってしまうのだ。 この再取得できない期間の事を欠格期間と呼ぶ。

 もちろん、累積点数によって欠格期間は変わってくるので、犯してしまった違反によっては最大で10年間も免許を再取得することが許されない。

違反点数と欠格期間について

欠格期間の早見表


欠格期間 1年 2年 3年 4年 5年 6年 7年 8年 9年 10年
初回 15~
24点
25~
34点
35~
39点
40~
44点
45~
49点
50~
54点
55~
59点
60~
64点
65~
69点
70点以上
2回目 10~
19点
20~
29点
30~
34点
35~
39点
40~
44点
45~
49点
50~
54点
55~
59点
60~
64点
65点以上
3回目 5~
14点
15~
24点
25~
29点
30~
34点
35~
39点
40~
44点
45~
49点
50~
54点
55~
59点
60点以上
4回目以上 4~
9点
10~
19点
20~
24点
25~
29点
30~
34点
35~
39点
40~
44点
45~
49点
50~
54点
55点以上



無免許運転や酒酔い運転の欠格期間の年数


【無免許運転】
 もし無免許運転で捕まってしまった場合、免許を持っていなくても違反点数は加算される。
無免許運転による違反点数は25点となるので、初回でも2年間の欠格期間となってしまう。


【酒酔い運転】
 酒酔い運転とは、意識が朦朧とするまで酔ってしまい、運転することが危険だと判断される状況の事だ。
こんな状態で運転してしまうと違反点数35点となり、初回でも3年間の欠格期間となる。


【無免許で酒酔い】
 酒酔い運転でさらに無免許だった場合は、上記の2つが合算される。
この場合は、違反点数60点となるので、初回でも8年の欠格期間となってしまうのだ。



一般違反行為と特定違反行為


【交通違反は2種類】
 実は交通違反には、一般違反行為と特定違反行為があるということをご存知だろうか?

 特定違反行為というのは、以下の違反だ。

[特定違反行為]
  • 運転殺人等
  • 運転傷害等
  • 危険運転致死
  • 危険運転致傷
  • 酒酔い運転
  • 麻薬等運転など

 一般違反行為というのは、上記の特定違反行為以外の違反のことであり、速度超過や信号無視などがある。


【一般違反行為による欠格期間】
 実は、一般違反行為による欠格期間は最大で5年となっている。
そのため、酒気帯び運転かつ無免許運転で速度超過をした場合、最大で62点の累積となるが、どれも一般違反行為なので5年の欠格期間の後に再び免許を取得することが出来るのだ。


【特定違反行為による欠格期間】
 特定違反行為による欠格期間は最大で10年となっている。
酒酔い運転でひき逃げをし、その相手が死亡してしまった場合、違反点数は90点近くになるが、欠格期間は10年なのである。

おわりに

 いかがだっただろうか。
特に、特定違反行為は違反点数も高いので欠格期間はとても長くなってしまう。
あなたが運転する際には交通違反に十分注意して安全運転を心がけて欲しい。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)