Q.うっかり失効による無免許運転は違反になりますか?

Q.うっかり失効による無免許運転は違反になりますか?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
うっかり失効で無免許運転
Q.免許の更新に気付かずに、うっかり失効をしてしまったのですが、この状態で運転すると無免許運転として違反になるのでしょうか?

免許を失効してしまったということは、免許がないつまり無免許の状態だ。
今回は、うっかり失効による無免許運転は違反なのかをまとめてみた。

うっかり失効について

失効したゴールド免許
【失効していた事に気付かない】
 基本的に免許の更新時期に近くなると、ハガキが送られてくる。
しかし、引越しなどで住所変更が遅れてしまった時には新居にハガキが来ることはないだろう。
そして免許の更新時期であることに気付かずに失効してしまうのだ。

 もちろん、自分の免許が失効してしまっている事にすら気付いていないので通常はそのまま運転続けてしまうことがほとんどだ。

【Tips】
うっかり失効してしまった時の手続きについては、こちらの記事に詳しく記述したので読んでみて欲しい。
うっかり失効時、運転免許を再取得する手続きについて

失効に気付かずに運転していたら違反?

警察のマーク
【基本的には無免許運転なので違反】
 失効してしまった免許は、もはや免許証としての価値は一つもない。
そのため1日でも失効したら無免許運転ということになる。

 なので、検問などで警察に免許を見せた時に「有効期限が切れてますよ」と言われて、重い違反を犯した場合に発行される"赤キップ"を切られてしまう。
そして裁判所から呼び出され、罰金や懲役刑などの罰則が科せられ、前科が付いてしまうのだ。


【例外の場合もある】
 もし、免許を失効していた事に気付かずに運転した場合、本当に無免許運転として罰せられてしまうのだろうか?

 刑法第38条では、以下のように定められている。

第三十八条
1.罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2.重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3.法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

刑法


 つまり、罪の意識がない場合、特別な罪(暴行など)でなければ罰則はないという事が書かれているのだ。

 実際に、うっかり失効に気付かずに無免許運転をしてしまって罰則はなかった人もいるようだ。


【違反であることを忘れずに】
 とは言っても、違反に変わりはなく、うっかり失効による無免許運転で罰せられてしまっても、無免許運転をしたことには変わりはないので、反論するのは難しいと思っていたほうがいいだろう。

無免許運転の罰則・罰金

手錠と金塊
【無免許運転の罰則は重い】
 ここまで来ると気になるのが、無免許運転をした場合の罰則だろう。
従来までの道路交通法だと無免許運転による罰則は「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」となっていた。

 実は道路交通法は、2013年12月に改正されており、新しい道交法の無免許運転による罰則は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となったのだ。
さらに免許証の違反点数は25点なので、今までの違反歴が0回の人でも、25点の累積となり、再び免許を取得できるようになるまでに2年の期間が必要となってしまう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
免許を更新し忘れて運転してしまうと、無免許運転として捕まってしまう。
また、失効した事に気付かずに運転してしまった場合には、罪を犯すつもりがないとみなされて注意だけで済むこともあるそうだ。
あなたも一度、免許証の有効期限を確認してみてはいかがだろうか?

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)