車の運転、休憩の目安はどれくらい?

車の運転、休憩の目安はどれくらい?

あとで読む: このエントリーをはてなブックマークに追加
            
運転の休憩の目安
 あなたは長時間運転する際に、しっかりと休憩を取っているだろうか?
一切休憩を取らずに運転してしまうと思わぬ事故や病気などに繋がってしまうこともある。

 そこで今回は、運転中の休憩の目安についてまとめてみたので、参考にして欲しい。


              
                                                           

どのくらい運転したら休憩を取ればいい?

ブレイクタイム

高速道路での休憩の目安


【2時間に一度は休憩を】
 高速道路で長時間の運転をする際には、2時間に1度は10分以上の休憩を取ったほうがいいだろう。
トラックの運転手などは、安全に運転するために運行計画というものを作成してそれに従って運転する事がある。
その運行計画を作成する際には、高速道路で2時間を超える運転をする場合には10分以上の休憩を取るように決められているのだ。
※2時間経過した次のSA・PAで休憩を取れば良い。

 特に高速道路ではハンドル操作やアクセルワークも頻繁に行わないため、一般道を運転するよりも運動量が少なく、疲労が蓄積されやすいのだ。
休憩の際には軽くストレッチをするなどして、少しでも体を動かすことが大切になる。



一般道での休憩の目安


【4時間中に30分以上の休憩を】
 トラックやバスの運転手が一般道を運転する際には、4時間の連続運転に対し30分以上の休憩を確保するように「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」によって決められている。
これは、4時間運転した直後に30分の休憩を取っても良し、1時間毎に10分の休憩を取っても良し、としている。
しかし、1時間毎に5分の休憩を取るなど、4時間の運転に対して30分に満たない休憩時間では基準違反となる。

 トラックの運転手ではなくとも、この基準を目安に休憩を取ると良いだろう。

 また仮眠を取った場合には、脳を目覚めさせる意味でも軽くストレッチをしてから運転を再開すると良いだろう。



体からの休憩のサイン


【生アクビが増えてきたら要注意】
 休憩の目安を時間で管理することは効率が良いように感じるが、人によっては休憩が足りない可能性がある。
そんな時は、体があなたへ送るサインに気付いて上げることが大切だ。
下記の項目にあてはまるようであれば、早めに休憩を取ったほうが良いだろう。

[休憩のサイン]
  • 生あくびが増える
  • まばたきの回数が多くなる
  • 肩が凝ったり、足が重くなる
  • まぶたが痙攣する
  • 目がしょんぼりする
  • 注意力が散漫してくる

休憩を取らずに運転すると...?

同じ姿勢に注意
同じ姿勢に注意

居眠り運転の可能性が高まる


【過労運転として罰則も】
 やはり、休憩を取らずに運転すると居眠り運転をする可能性が高まってしまう。
うとうとしていたら前方の車両に追突してしまったなんていうことは、意外にも多いようだ。
また、事故の原因が居眠り運転の場合は「過労運転等」という交通違反で免許点数25点も減点されてしまう。
Q.居眠り運転の罰則、罰金について教えて下さい!

 少しでも眠くなったら早めに休憩したほうが良いだろう。
運転中の眠気を覚ます!原因と対策、防止方法など



エコノミー症候群の可能性も...


【同じ姿勢は要注意】
 エコノミー症候群といえば、飛行機に乗る時に気をつける病気というイメージが強いが、同じ姿勢を続けるという意味では長時間の運転もエコノミー症候群の可能性が高くなる。
特に、高速道路などではほとんど動くこともないので、先述した通り2時間に1度は軽く体を動かして休憩を取った方が良いだろう。

 またエコノミー症候群は、脱水なども原因となるので、運転中も忘れずに水分補給をしよう。

おわりに

 いかがだっただろうか。
高速道路では2時間に10分、一般道では4時間に30分の休憩が必要である事がおわかりいただけたと思う。
事故や病気になってしまってからでは遅いので、早め早めの休憩を取って運転していただきたい。
その際に、この記事が少しでも参考になれば幸いである。

~参考になったら、みんなにも教えよう~
このエントリーをはてなブックマークに追加

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)